ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iOS9新機能「日本未対応」ばかり

DATE:
  • ガジェット通信を≫


アップルは現地時間の6月8日、アメリカ・サンフランシスコで開催した開発者向けカンファレンス「WWDC2015」で、iOSデバイス向けの新OS「iOS 9」を発表した。

【もっと大きな画像や図表を見る】

2015年秋にリリースされる予定のiOS 9では、音声認識ガイダンスの「Siri」の正確さや反応速度が向上。さらに、ユーザーの利用パターンを学習し、次の行動を予測する「Proactive Assistant」という機能が搭載される。

また、プリインストールされている地図アプリ「Maps」では、アメリカ、ドイツ、イギリスなどの主要都市と、中国の300以上の都市での乗換案内が可能になる。加えて、アップルとしては初となる公式ニュースアプリ「News」をアメリカ、イギリス、オーストラリアで提供することも発表された。

ただし、今回発表されたiOS 9の新機能は、「Maps」の乗換案内や「News」については日本での対応は未定だという。また、現在アメリカ国内で対応しているアップルの決済サービス「Apple Pay」は7月からイギリスでも展開されるが、こちらも日本での対応は未定。とにかく、日本では使用できるかどうかが分からない新機能が多いのだ。

そんなiOS 9に日本のツイッターユーザーは、

「なんか日本での対応は未定ばっかやな。相変わらず」

「あまり惹かれんなー。SiriもSpotlightも使わんし、『日本は非対応』が多いし」

「日本国内での使用にマッチした追加項目はどれ?」

などと、不満を抱いている様子。

日本未対応のサービスが多いため、日本のユーザーにとっては結果的に「小規模なアップデート」という印象が強いiOS 9。もちろん「日本未対応」というのは現時点での話であり、秋の正式リリースまでに対応している可能性もあるが、ひとまず日本のユーザーにとっては物足りない発表となってしまったようだ。

【関連リンク】

■Apple ‐ iOS 9

http://www.apple.com/ios/ios9-preview/

■「iOS 9 日本」での検索結果 – Yahoo!検索(リアルタイム)

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=iOS+9+%E6%97%A5%E6%9C%AC

記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

iOS9新機能「日本未対応」ばかりはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

流行中?頭痛に繋がる「スマホ首」に注意
スマホ原因の「ブラックリスト」要注意
Apple Watch専用ケースは必要?
プリクラ並み?自撮り特化スマホ登場
素人も参戦可!アイドル育成アプリとは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP