ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夫と妻で意見が違う!? 結婚生活、ココが不一致ランキング

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ひとつ屋根の下で暮らす結婚生活。一緒に過ごす時間が多くなると、「好きなドレッシングが違う」など、ふとしたことで言い争いになることも……。どのくらいの夫婦が結婚生活で互いの不一致感を感じることがあるだろうか?
男女別に見るお互いの不一致、やはり「お金」は上位に

そこで、今回は20~49歳の、子を持たない結婚5年以内の既婚者・男女300名に、アンケート調査を実施。配偶者との暮らしのなかで「ココが不一致で困る」と思うことを回答してもらうと、男女ともに、1位は断トツで「特にない」(33.7%)、2位は「お金に対する考え方」(9.2%)という結果に。

【図1】インテリアや家電、フレグランスなど、物の好みに対する不一致はあまりないようだ(SUUMOジャーナル)

1位が「特にない」というのは、微笑ましいような結果だが、結婚年数別に詳しく見てみると、男性では結婚年数が長くなるにつれ「特にない」割合は減り、女性では増える傾向がある。共同生活のなかで、夫は妻との不一致を感じ、そのモヤモヤは消えることはないが、妻は夫との不一致を感じつつも、寛容な心で受け入れているのかもしれない。

2位「お金に対する考え方」は、相手の金遣いの荒さや、将来のための貯蓄に対する考え方などが理由となっている。例えばフリーコメントのなかには「何かを購入するとき夫はグレードが低くても安ければいいという考えだが、私は長く使うものであればある程度高くても良いものを買いたい」(33歳・女性)と、回答する人もいた。たしかに、物に対する価値観とお金は直結している。一度身についた価値観はなかなかぬぐいさる事ができず、意見の不一致は起こりやすいのだろう。夫は「休日の過ごし方」、妻は「生活スタイル」に不一致

さて、前述の通り1位、2位はともに男女共通の結果となったが、3位以下は意見が異なってくる。まずは男性のランキングを見てみよう。

■男性編(上位3つ選択)
1位 特にない(31.3%)
2位 お金に対する考え方(9.8%)
3位 時間に対する考え方(6.9%)
4位 寝る時間や起きる時間などの生活時間帯(6.7%)
5位 掃除のやり方(5.8%)
6位 休日の過ごし方(5.3%)
7位 お互いのプライベートな遊び・友人との付き合いなどについての考え方(5.1%)
8位 モノの処分に関する考え方(すぐ捨てる・捨てられない)(4.7%)
9位 食べ物や味の好み(3.6%)
10位 テレビ番組の好み(3.3%)

3位の「時間」や6位の「休日」、7位の「遊び」のように、男性は休日に関する項目が目立っている。フリーコメントを見ると、「自分は時間を無駄にしたくないので予定をバシバシ入れたい派。相手はのんびりおっとりなので真逆」(36歳・男性)や、「いつも何かしたいと求められるので困る。ゆっくり家で過ごしたい」(36歳・男性)など、物の価値観同様、男性は時間の使い方が夫婦関係をギクシャクさせる要因になりがちなようだ。では、女性はどうなのかというと……。

■女性編(上位3つ選択)
1位 特にない(36.0%)
2位 お金に対する考え方(8.7%)
3位 寝る時間や起きる時間などの生活時間帯(7.8%)
4位 モノの処分に関する考え方(すぐ捨てる・捨てられない)(7.6%)
5位 掃除のやり方(4.4%)
6位 食べ物や味の好み(4.2%)
7位 お酒の好みや飲む量・頻度(4.0%)
8位 洗濯のやり方(洗い方・干し方・たたみ方)(3.8%)
8位 テレビ番組の好み(3.8%)
9位 部屋やお風呂の温度設定(3.3%)

男性とは打って変わって、7位「お酒の好みや飲む量・頻度」、8位「洗濯のやり方」、10位「部屋やお風呂の温度設定」など、生活スタイルの不一致が数多くランクインしている。フリーコメントには、「主人がお酒をたくさん飲むので家計が困る」(26歳・女性)や「洗濯ネットへの入れ方が雑」(30歳・女性)、「エアコンとお風呂の設定したい温度が違う」(35歳・女性)など、日ごろの些細な行動が不一致につながるケースが多いようだ。確かに、洗濯物の干し方やたたみ方は千差万別。どちらかに合わせるべきか、お互い自由にすべきなのか、悩みどころだが、この結果を見るに、夫は一度妻ときちんとやり方やルールについて話し合った方が良さそうだ。

夫婦といえども、お互いに気になる点は意外と多い。あ・うんの呼吸になるまでには、長い年月を要するだろう。一緒に住んでいるからこそ、相手の考えや気持ちを理解し、お互いに暮らしやすい生活をしたいもの。まずは、今回のアンケート結果をもとに、相手とどんな不一致があるのかを考えてみよう!●[SUUMO結婚生活調査]より 
・調査期間:2015年2月25日~2015年2月26日
・調査方法:インターネット調査(クロス・マーケティング)
・対象:首都圏在住の20~49歳、2010年以降に結婚した共働き夫婦(子どもなし・持ち家なし)
・有効回答数:300名(男女150名ずつ)
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/06/11/91860/

【住まいに関する関連記事】
妻は夫の2倍ガマンしてる! 実家への“帰省ストレス”
30代後半に多い!? お互いの年収を知らずに結婚派
結婚5年以内 共働き夫婦300人に聞いた、家計管理のあれこれ
誰でも一度は考える、マイホームをほしいと思う瞬間は……

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP