ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

火薬を用いた「爆発のアーティスト」 蔡國強が国内で7年ぶりの個展開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「壁撞き(かべつき)」
ニューヨークを拠点に活動する現代美術家・蔡國強(さいこっきょう)さんの個展「蔡國強展:帰去来」が、7月11日(土)から10月18日(日)にかけて、神奈川・横浜美術館にて開催される。

蔡さんは、中国の文化や歴史、思想から着想を得ながら、火薬を用いた絵画をはじめ、独創的な花火、ランドアート、インスタレーションなど、多彩な視点から作品を生み出してきた注目のアーティストのひとり。本展は、日本国内では7年ぶりの大規模な個展となる。

「芸術は爆発だ」を体現させたアーティスト

蔡さんは、中国で舞台芸術を学んだのち、1986年に来日。日本での約9年間にわたる創作活動の中で火薬の爆発による絵画を発展させ、国内外で一躍脚光を浴びた。

その後も、万里の長城やセーヌ川での大規模なプロジェクトへの参加や、ヴェネチア・ビエンナーレで国際金獅子賞を受賞するなど、現在に至るまで世界中で創作活動を続けている。

2008年に開催された北京オリンピックでは、開会式・閉会式の視覚特効芸術監督として花火の演出をつとめ、「爆発のアーティスト」とも称されている。

本展では、約40メートルにもおよぶ、等身大のオオカミのレプリカ99体を用いた「壁撞き(かべつき)」が日本で初公開されるほか、横浜の歴史をもとに新たに制作される「火薬ドローイング」や、テラコッタ(素焼き)によるインスタレーションなどが展示される。

7月26日(日)からは、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」のプロジェクトとして開催される特別企画展「蔡國強 蓬莱山—Penglai/Hõrai」、7月28日(火)からは、東京・アートフロントギャラリーにて「蔡國強 アート・アイランド展」も控えている蔡さん。この夏は、国内で彼の作品を間近に見られる機会が増えそうだ。

引用元

火薬を用いた「爆発のアーティスト」 蔡國強が国内で7年ぶりの個展開催

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP