ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見た目を磨くのは当たり前。「自分らしさ」が選ばれる女に変える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

150612zibun.jpg
男女のリアルな生活&恋愛事情を取材し、すぐに実践できるテクニックをお届け。恋に効いて素敵に変身できる「恋愛サプリ」。いい女は、普段のちょっとした心がけで作れますよ。
150603supplement.jpg

美人とつきあっても楽しくない?

友人のAくんは、34歳・会社経営・イケメン……となにもかもがそろった独身男性。当然ながら、Aくんの周囲には常にきれいな女性たちがウロウロしています。
モテ男ゆえ「彼女」が途切れたことがないのですが、でもどの恋も「長続きしていない」。
理由は、「なんだか、教科書通りの女性が多すぎて、刺激を感じることも成長を実感することもないんだよね」とのこと。
モテ男・Aくんの周囲には、「きれい・かわいい、スタイル抜群」の女性たちが集まってくるので、「女性=美」というのは当たり前。
それなのに「交際してコミュニケーションが深まるほどに、『なんだかつまんない』と感じてしまうのは、自分が至らないからかも」と言うのです。

合わせすぎると興味を失う

Aくんはなぜ「つまらない」と感じるのか? 彼は「すべて自分に合わせて」なんて言う、了見の狭い男性ではありません。むしろ気遣いのある人。
でも、Aくんの周囲にいる女性たちは、気を引くために「自分をなくしてまでAくんに合わせている」ようなのです。
たとえば、料理や家事を完璧にやってみたり、毎回Aくんのスケジュールに合わせてデートしたり。
「それのどこかダメなの?」と思いますよね。ところが「『自分がどうしたいのか』があまりにも見えないと、その人のことを『知りたい』と思う欲求がなくなってしまう」のだそう。
たとえば「どこ行きたい?」と聞いても、毎回答えは「Aくんが好きなところ」。映画や本の好みも「Aくんの好きなもの」。
そうやって合わせてくるばかりでなく、本当は異なる趣向について激論を飛ばしたり、一歩も譲らないこだわりを見せてほしいのだとか。

「自分らしさ」が武器

「ね? 要するに、ボクがわがままなんだよ」とAくん。いやいや、なんとなくソレ、わかるよ うな気がします。
会話や行動のその先まで「相手が何を言うか、どうするかがすべて想像できてしまう」なんて、確かにつまらないもの。
多少スリリングなやりとりがあったとしても、そのことで化学反応が起きて、お互いを成長させることだって多いにありうるから。
きれいでかわいいのは当たり前。それプラス「自分だけのスペシャルなこだわり」を武器にしないと、理想の彼の心を本当の意味でつかむことは、なかなか難しいのかもしれませんね。
Pretty young woman image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
「すみません」を変換するだけ! 恋も仕事も1.5倍楽しくなる魔法
「また会いたい!」と必ず思われる、ハートわしづかみのお礼メッセ
どんな男性も必ずテンションがあがる、魔法のモテ言葉

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。