ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】B’z カープ黒田投手への書下ろし曲が1位に! まゆゆは追いつけるか!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから6月8日~10日までの集計が明らかとなり、B’zの52作目のシングル『RED』が頭ひとつ抜け出してトップとなっている。

 『RED』は6月10日にリリースされたCDで、表題曲「RED」は広島東洋カープ・黒田博樹投手のマツダ スタジアムでの登場曲として使われている。稲葉浩志は「自分に言い聞かせるように歌いたい曲です。」、松本孝弘は「僕達の心の中にある熱く燃える何かを感じてくれたら嬉しいです。」と、それぞれB’zのオフィシャルHPにメッセージを寄せている。

 2位は、総選挙が大きな話題となったAKB48の渡辺麻友ソロ5作目『出逢いの続き』。3位には、東京パフォーマンスドールの3rdシングル『DREAMIN’』がランクイン。7人組韓国ボーイズグループ、GOT7『LOVE TRAIN』は4位に入った。GOT7は、先日行ったファンミーティングも大盛況で、2016年には日本ツアーを予定しているなど日本での活動の幅を広げているグループだ。5位は、海外でも高い支持を受けているw-inds.、2015年第2弾シングル『In Love With The Music』となった。

◎SoundScan Japanシングルセールス集計速報
(2015年6月8日から10日までの集計)
1位:B’z『RED』
2位:渡辺麻友『出逢いの続き』
3位:東京パフォーマンスドール『DREAMIN’』
4位:GOT7『LOVE TRAIN』
5位:w-inds.『In Love With The Music』

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】安室奈美恵 話題曲満載の新ALがトップ、ミスチルもまだまだセールスを伸ばす
『水曜歌謡祭』ウエディング特集で小柳ルミ子「瀬戸の花嫁」熱唱、安倍なつみ&クリス・ハートはテーマパークから、モー娘オリジナリティ溢れるセルフカヴァー、「ロマンスの神様」が微笑むのは?
ねこね、こねこね。「四半世紀カルテット」MV&Nakajin(SEKAI NO OWARI)からのCD帯コメント公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。