ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】安室奈美恵 話題曲満載の新ALがトップ、ミスチルもまだまだセールスを伸ばす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから6月8日~10日までの集計が明らかとなり、安室奈美恵の約2年ぶりのオリジナルアルバム『_genic』が圧巻の強さを見せつけ1位になっている。

 安室奈美恵は、このアルバムで初音ミクとコレボレーションしたり、収録楽曲「Golden Touch」や「Anything」で斬新なアイデアのミュージックビデオを制作するなど、発売前から大きな話題を呼んでいた。また、9月からは全国アリーナツアー【namie amuro LIVEGENIC 2015-2016】の開催が決定している。

 6月15日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”で1位のMr.Children『REFLECTION』は、先週に引き続きセールスを伸ばして2位にランクイン。3位には、ナオト・インティライミのベストアルバム『THE BEST!』が入っている。4位に登場したのは、松田聖子の35周年イヤーを飾るオリジナルアルバム『Bibbidi-Bobbidi-Boo』。2週連続でTOP3に入っていたSuperfly『WHITE』は5位となっている。

◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2015年6月8日から10日までの集計)
1位:安室奈美恵『_genic』
2位:Mr.Children『REFLECTION』
3位:ナオト・インティライミ『THE BEST!』
4位:松田聖子『Bibbidi-Bobbidi-Boo』
5位:Superfly『WHITE』

関連記事リンク(外部サイト)

みみめめMIMI LINE公式アカウント&LINEブログ開設
ザ・プーチンズ 新曲配信スタート&MV公開『花子とアン』仲間由紀恵の恋人役が六法全書でビンタされる
SKE48松井玲奈 8月末で卒業「SKEで、やり残したことがなくなった」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP