ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乗車率120%でも快適!?インド電車を乗りこなす4つのコツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: いなもん「ムンバイの電車を乗りこなそう

TRiPORTライターのいなもんです。
インドの電車というと、乗車率120%の超危険な「乗り物」として知られていますが、乗り方のコツさ知っていれば快適な移動手段に早変わり。ムンバイで1年暮らしている間で私が取得した「電車の乗り方のコツ」を紹介します。

女性は「女性専用車両」を選ぶべし!

ムンバイやデリーなどの都市部では、大抵の電車に女性専用車両が設けられています。もちろん女性専用車両以外に乗ることもできますが、朝夕のラッシュ時に男性と同じ車両に乗るのはまさに命がけ。電車を利用する男性客は女性より何十倍もいるので、電車に乗り切れなくてホームに転落してしまう人もよく見かけます。

混雑時に男性と同じ車両に乗ってしまうと大変な思いをするだけでなく、乗車中に多くのインド人男性から視線を感じることも。ホームに行くと女性ばかりが待っている場所があるので、それを目印にして女性専用車両に乗ることをおすすめします。男性の場合は、インドの熾烈な乗車争いをぜひ楽しんでください。

Photo credit: いなもん「ムンバイの電車を乗りこなそう

乗り遅れるな! 波に乗れ!

電車へ乗り込む際に重要なのは「一緒に乗り込む人の波にうまく乗ること」です。ホームに電車が来たら、乗る人の集団に寄り添い、電車から降りる人が降り切るか否かのあたりでどっと流れにのって突撃しましょう。遠慮は不要。足を踏まれないように気を付けて!

インドには背中を押してくれる車掌さんはいませんし、ドアもありません。なので尻込みしていると電車に乗れなくなるか、運良く乗れたとしても半身が電車から飛び出ているまま出発…なんてことになりかねません。

降りる駅は周りの人に確認を

電車によっては、英語のアナウンスが流れることもありますが、よほど慣れていないと聞き逃してしまいます。車内とホームには、駅名が英語とヒンディー語の両方が表示されていますが、こちらも慣れていないと英語を見つけるのは困難です。

降りる駅を見分ける一番確実かつ簡単な方法は、周りの乗車客に聞くこと。インド人は親切なので、行きたい駅名を伝えれば駅が近くなるとおしえてくれます。電車に乗って一息ついたら、周りの人に行き先を伝えてみましょう。

Photo credit: いなもん「ムンバイの電車を乗りこなそう

ドアなし電車の快適さを満喫しよう

車内が空いていたら、ぜひ気を付けながらドア側に立ってみてください。ドアのない電車というと「危ないじゃないか!」と思うかもしれませんが、急カーブのない緩やかな鉄道なので振り落とされることはめったにありません。(と信じています…)

手すりをしっかり握って、顔を外に出してみると涼しい風が感じられます。また、線路脇にはたくさんの人が住んでいるので、彼らの生活を垣間みることもできます。おじさんが歩いていたり、子供が太鼓をたたいていたり、寝そべっていたりと、インドらしい風景を見ることができるのも電車の楽しみのひとつです。

インドを旅する際には、ぜひ一度は電車に乗ってみてください。面白い経験が増えるとともに、日本の電車がいかに快適かを実感することができます。

常識が変わる!ボリウッドもあるムンバイに訪れるべき3つの理由

(ライター:いなもん)
Photo by: いなもん「ムンバイの電車を乗りこなそう

ムンバイの旅行記はこちら

*いなもん「ムンバイの電車を乗りこなそう
* Sougaku Ho「異世界の入口、ムンバイ
*Satoko Nishiyama Fujioka「普段強気な私が路地にて恐れをなして号泣し、彼はその横で嬉しそうにスパイスを買い求めていた、思い出深きムンバイ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP