ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「太鼓の達人」 新入社員の企画が却下されるも復活した理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ガンプラ」(ガンダムのプラモデル)で知られるバンダイと、1980年代に一世を風靡したゲーム「パックマン」などで知られるナムコが2005年に経営統合して生まれた、バンダイナムコホールディングス。

 社長の石川祝男氏は、ナムコ時代に大ヒットアーケードゲーム「ワニワニパニック」を生み出した名開発者だ。ノンフィクション作家の杉山隆男氏が、企画をヒットさせる秘訣を石川氏に聞いた。

 * * *
 大ヒットゲーム「ワニワニパニック」の開発にあたり、石川氏がはじめに掲げたコンセプトは、「一世を風靡した『モグラたたき』を超えるもの」だった。

 すぐ企画書にまとめて上司に提出するも却下。だが、「イケるという確信がありました」と語る石川氏は諦めない。

 その日の午後には、ワニの形をしたスリッパを買ってきて、段ボールでワニが出てくる穴をつくり、部長の前でBGMを歌いながら、自ら「ワニワニパニック」になりきってみせたという。

「大ヒットは、いいねという人が1人か2人くらいのものの中から生まれる」と話す石川氏は、他社がヒットさせて、のちの「音ゲーブーム」をつくり出したダンスゲームを引き合いに出した。

(以下、一問一答)

石川:あれ、実はナムコの企画の中に似たようなものがあったんですが、却下されてるんですよ。企画が出たとき、10人中7人は、人が見ている前で踊るゲームが流行るわけない、場所もとるし、恥ずかしがるから誰もやらないって。もう既成概念以外の何ものでもないですよね。

──逃がした魚は大きかった。

石川:それはあります。言い訳するわけじゃないけど、ボツにしたのはたまたま私のチームじゃなくて。でも、あのときやっておけばよかったなってのはあります。

〈ゲームの企画は、多数決で決めていいものと、そうではないものの2つがあると石川氏はいう。問題は、少数意見の中から何を拾うかという見極めだという〉

石川:結局は、企画者の思い入れの強さです。簡単に諦めるようでは大したことないんでしょうから。

 大ヒットした「太鼓の達人」なんか、まだ新入社員くらいの若手が企画を出したけど、音ゲーは他にいっぱいあるのに、同じようなもの出しても駄目じゃないかって却下されたんです。

 でも諦めきれず、仲間とこっそり試作機まで作って、当時常務だった私のところに、「ぜひやってください」って直訴に来たんです。そういうのを拾って、チャンスを与えることが大事だと、あれからずっと思ってます。

──ゲームメーカーにとって一番大切なのは人間だと。

石川:音楽でも映像でも、われわれエンターテインメント企業は、最初は一人のアイディアだったり発想や思いで、それに賛同する人が増えて強いエネルギーになって、最終的には製品化されるわけです。やっぱり一人の思い、個の力の集合体なんです。

※週刊ポスト2015年6月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ワニ叩き考案のバンナム社長 「大ヒットはいいね少数の企画」
テレ東のPがアイデア量産の秘訣や企画の出し方を伝授する本
西川農水相 「親族企業から物品購入」の政治資金私物化疑惑

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。