ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大鵬連勝止めた誤審きっかけで大相撲はビデオ判定を採用した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スポーツの歴史をひもとくと、“歴史的誤審”といわれるものがいくつもある。大相撲では、大鵬の連勝記録を止めた誤審がよく知られている。1969年3月の大阪場所が開幕するまで、横綱・大鵬は44連勝。当時、双葉山の69連勝に次ぐ記録であり、戦後では最長だった。大阪場所で全勝すれば連勝は59に伸び、次の場所でいよいよ双葉山の記録に挑戦することになるはずだった。

 初日に小結・藤の川を破った大鵬の2日目の相手は、前頭筆頭の戸田。22歳の若手で勢いがあり、初顔合わせの相手だ。横綱は初顔合わせの相手とは場所前の巡業で一度は稽古しておくのが普通だが、たまたま戸田とは稽古できていなかった。また、大鵬は朝の稽古ではいつも、その日の対戦相手を想定して部屋の幕下力士相手に調整するが、その日は幕下力士たちが自分の対戦のために早々と稽古を切り上げていた。

 そうした準備不足、調整不足が響いたのかどうか。立ち合いから大鵬は戸田ののど輪、突き落としによって体勢を崩され、土俵際に押し込まれた。だが、俵伝いに右へ回り込みながら、はたいた。倒れ込んでくる戸田に押されて土俵を割ったが、その前に戸田の右足が土俵を割っていた。行司の最高位である立行司の二十二代式守伊之助はそれを見逃さず、大鵬に軍配を上げた。

 すると勝負審判のひとり、元大関・栃光の千賀ノ浦親方から物言いがついた。土俵上で元横綱・栃錦の春日野審判部長ら5人の審判による協議が始まると、「大鵬には体がなく、先に土俵を割った」という千賀ノ浦親方の主張に他の3人の勝負審判が同調した。そのため、春日野審判部長は行司差し違えで戸田の勝ちという裁定を下した。

 だが、伊之助の軍配通り、戸田の足が先に出ていたことはテレビ中継の画面にはっきりと映り、翌日の新聞各紙が掲載した決定的瞬間の写真でも示されていた。他ならぬ戸田も、「自分の足が出たので負けたと思った」と取組直後に話している。

 明らかな誤審によって連勝が途絶え、大記録への挑戦が夢と消えてしまったのである。

 当時のもう一人の横綱・柏戸は全盛期を過ぎており、この年の7月場所を最後に引退する。大鵬の一強時代がしばらく前から続き、相撲人気は低迷していた。そんな状況だったのに場所2日目にして、誤審により早くも最大の目玉がなくなってしまった。

「ビデオなんてものは参考にならない。土俵は丸く、角度も高さもある。カメラでは到底正確に相撲を捉えることはできない」

「大鵬が負けて喜んでいるファンもいるだろうし、相撲は複雑だと思い、かえって興味をそそられる人もいるんじゃないか」

 当時の武蔵川理事長(元前頭・出羽ノ花)はそう強気のコメントを出したが、客足は急速に遠のき、4日目には3000人を割った。しかも、大鵬は急性肺炎のために5日目から休場し、人気急上昇中だった新鋭の花田(後の大関・貴ノ花)も急性上気道炎で場所中に2回も途中休場した。

 そうした事態に協会は慌て、武蔵川理事長は急遽9日目に、「夏場所(5月場所)からビデオを勝負判定の参考にする」と発表した。ビデオの採用は、実は日本のスポーツ界では大相撲が最も早かったが、それを促したのがこの歴史的誤審だったのである。

※週刊ポスト2015年6月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『超五十連勝力士碑』に横綱・白鵬の名がまだ刻まれない理由
白鵬が相撲協会の人種差別匂わせる発言 単なる舌禍で済まず
「大鵬氏が32度目の優勝果たした二番は八百長」と元力士告白

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。