ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フリー・ジャズの巨星、オーネット・コールマンが死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャズ・ミュージシャンのオーネット・コールマンが、6月11日木曜の午前中にニューヨークはマンハッタンで息を引き取った。享年85歳。

コールマンの遺族が「The New York Times」に伝えたところによると、死因は心停止だったとのこと。

1930年にテキサスで生まれたコールマンは、アルト・サックス奏者として1950年代のジャズ・シーンで活躍。次第にビバップの以後ジャズにおける調性やコード進行からは逸脱したスタイルを確立し
はじめ、1959年にはチャーリー・ヘイデン(ベース)、ドン・チェリー(コルネット)、ビリー・ビギンズ(ドラムス)を迎えてのリーダー作『ジャズ来るべきもの(The Shape of Jazz to Come)』を発表。1960年代前半に花開くフリー・ジャズ・ムーヴメントの礎を築いた。

1970年代以降のキャリアにおいても、マイリス・デイヴィスらと同様にエレクトリックなアプローチを試したり、グレイトフル・デッドのジェリー・ガルシアと共演するなど、精力的に活動を続けていた。最後のオフィシャル・アルバムとなった2006年のライヴ作品『Sound Grammar』では、2007年度ピュリッツァー賞を受賞している。謹んでお悔やみもうしあげます。(たかはし)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP