ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

春香クリスティーン、『マッサン』のオーディションに落ちていた!宮根誠司にバラされる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NHKで放送された朝の連続テレビ小説『マッサン』で、ウイスキー造りに奮闘するマッサン(玉山鉄二)を支えた人物といえば、米女優シャーロット・ケイト・フォックスが演じたヒロインの”エリー”だ。

そんなエリーを、もしかしたらタレントの春香クリスティーンが演じていたかもしれなかったことが、9日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で明らかになった。

司会の宮根誠司は「芸能界”天狗伝説”SP」コーナーで、有名芸能人たちの”天狗”エピソードを紹介。芸能人は売れるまで、テレビ局側の人に厳しいことを言われるため、売れて天狗になるのは「当たり前」だと話していた。

これに春香は「厳しいこと、オーディションで落とされたりとか、ありますね」と話し、テレビ業界の厳しい現実に頷いた。すると宮根は「だって『マッサン』落ちたやんか、エリー役で」と話し、突然、春香が『マッサン』のオーディションを受けていたことを暴露。春香は赤面し、恥ずかしそうに手で顔を覆った。

宮根は、そんな春香に向かって「エリー役で落ちた時に、NHKの人に『くそっ!いつか見とけよ』ってならなかった?」と、当時の心境について質問。春香は「ちょっとした抵抗ですけど、私は『マッサン』のドラマを観てないんです。1回も」と明かし、「頑張ろうっていう、逆にバネにしようってなりますね」と気丈に答えた。

宮根に辛い出来事をバラされた春香は、番組の最後、持ちネタであるザブングル・加藤歩のギャグ「カッチカチやぞ!」を全力で披露。人気タレントになった今でも、”天狗”になっていないことをアピールしていた。

■参照リンク
『マッサン』公式サイト
http://www.nhk.or.jp/massan/

関連記事リンク(外部サイト)

映画『呪怨 -ザ・ファイナル-』主題歌のDouble新曲が配信開始! スペシャルムービーも
春香クリスティーン、『マッサン』のオーディションに落ちていた!宮根誠司にバラされる
おのののかの長文メールに脳科学者から批判の嵐 「最悪」「うざったい」→おの号泣
「方言女子」最強決定戦!関西女子VS熊本女子 どっちが可愛いのか?
『水曜歌謡祭』元・モー娘。安倍なつみ&クリス・ハートのデュエットに絶賛の嵐

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。