ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジェスチャーでPCをコントロール!センサー付きキーボード「Moky」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Moky通常、PCのキーボードにはカーソルを動かすためのコントロールボタンやタッチパッドがある。あるいは、独立したタッチパッドやマウスを使っているユーザーも多いことだろう。

そのカーソル操作をジェスチャーでできるキーボード「Moky」がいま、資金調達サイトIndiegogoで注目を集めている。

・キーボードの上に透明タッチパッド!

Mokyは、キーボードとタッチパッドが合体しているというものだが、特徴はタッチパッドが見えないこと。

というのも、キーボードの上で手を左右上下に動かしたり円を描いたりするなどしてカーソルを操作するためだ。

この“透明タッチパッド”ではカーソルの移動はもちろん、クリック、ドラッグ、ピンチズーム、タップなどができる。

Moky2・センサーが手の動きを感知

一見、魔法のような操作性だが、これを可能にしているのが、キーボードの隅に設置されたセンサー。

ユーザーの手の動きを感知して反映させているのだという。

このキーボードを使うメリットとしては、マウスが不要になること、それから操作のスピードアップが挙げられる。

・資金調達の目標達成

MokyはPCやタブレット端末とBluetoothで連携し、Windows、Mac、Androidといった幅広い機種で使える。

Indiegogoではすでに目標額を達成。今なら69ドルの出資で入手できる。マウスが邪魔!と感じている人は要チェックだ。キャンペーンは7月8日まで。

Moky/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。