ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

辿り着けばそこは楽園!?片道3km超え“世界最大の迷路”が世界で話題!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イタリア・パルマのコムーネ(自治都市)、フォンタネッラートに先月、ユニークな施設がオープンした。

空から見ると美しい星形のそれは、“巨大な迷路”。

「The Masone Labyrinth(メゾン・ラビリンス)」は、イタリア人エディターのFranco Maria Ricci(フランコ・マリア・リッチ)氏がデザインを手掛けた住宅兼アートミュージアム、そして図書館や多目的広場を備えた複合施設。

総面積1万9530坪という、とてつもなく広大な土地に作られた迷路は、約5mの高さの竹が壁の役割を果たしており、中央の建物に行き着くにはこの迷路を抜けなければならない。

行き止まりや引き返しを繰り返しながら、ゴールに辿り着くまでの距離は、およそ3.2km程度(!?)だそう。

あまりに広すぎるので、迷路の中には“ヒント”が用意されている。

長~い道のりを経てゴールに辿り着けば、荘厳な現代建築が出現!

館内には、疲れた身体を癒やしてくれるカフェやレストランもあり、楽園のように感じることだろう。

こちらの建物は、ウェディングやパーティー会場としての利用も受け付けているそう。

「メゾン・ラビリンス」は火曜が定休日。毎日10時から19時までの営業で、入場料は15~18ユーロ(日本円で約2000円~2500円)。

現在のところ世界最大サイズというこちらの迷路、イタリア旅行に行かれるさいは一見の価値ありかも!?

Labirinto della Masone
http://www.labirintodifrancomariaricci.it/

旅行(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。