ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米軍が「小さすぎるドローン」をテスト!その性能が想像以上にスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

撮影用のドローンにも様々な種類がありますが、これは画期的! 現在米軍では、大きめのハチぐらいというミニサイズの撮影用ドローンがテストされています。

2015年3月より米軍の特殊部隊でテストされているのは「Black Hornets(スズメバチ)」と呼ばれるもの。「 Prox Dynamics」社が開発した超小型&軽量のドローンです。長さは10cmほどしかなくポケットにすっぽりおさまるサイズ。重さはわずか17グラムしかありません。

小さな機体には3つのカメラが搭載されており、通常の動画に加えて、サーモグラフィーによる夜間撮影も可能。操作できる範囲は1.8km圏内、稼働時間は約25分とさすがにスタミナには難ありですが、飛行音も静かで、風速9mまでであれば安定した操作ができるそうです。

Reference:BSS Holland

また、コントローラーでの手動操作以外にGPSを利用した自動操縦機能もあるため、設定したルートを巡回させることもできます。

小回りが利くことで、用途も広く想定されており、遭難者の発見や監視、さらには化学物質の検知センサーをつけることで、薬物や核による汚染を調査することも出来ます。大型のドローンに比べて、衝突や墜落時にも、その場にいる人間へ与えるダメージも少なくて済みます。

偵察用を想定しているため、ドローンの機体には撮影したデータが残らない仕組みなども。とはいえ、緊急時の活動をサポートする機能も多くあるため、今後の機能追加や改善に期待が寄せられています。ドローンの進化、想像以上ですね。

Reference:BSS Holland
Licensed material used with permission by  Prox Dynamics

関連記事リンク(外部サイト)

体内を巡る医療用ドローンが開発!「心臓発作」や「脳卒中」を予防可能
ドローンで年間10億本の木を植える!元NASAのエンジニアによる緑地化プロジェクトの未来
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でお馴染み「ホバーボード」で世界記録達成!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP