ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どうしてよく旅をする人は、成功しやすいのか?米ライターが語る「15のワケ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

よく旅にいき、日々新しいことを学んでいる旅人の方がより成功する可能性が高いという記事が、米メディア「LifeHack.org」で紹介されていました。
旅をすることがどうして成功につながるのか?Tracey Tullis氏が書いた記事を紹介しましょう。

成功の定義は、人によって違う。しかし、成功する人としない人がいることもまた事実。その違いは一体何なのだろうか?成功するための秘訣を紹介した記事や本はたくさんある。その中で共通することは、恐怖を克服し自信を持つことが成功への近道だということ。さらに言えば、よく旅をする人は成功する可能性が高い。常に世界中を旅して様々な人生経験を学ぶことができるからなのだ。

01.
どんな状況でも楽しみ
冷静に対応する力

よく旅をする人は、今まで経験したことがないような新しい状況にも常に向き合わなければならない。予想もできない経験を通して、どんな状況でも冷静に対応する力を得ることができるのだ。

02.
変化を受け入れる
ことができる

さまざまな国や都市にいけば、今までに見たことのない目新しいものを受け入れることも必要。いつも新しい出来事やものに囲まれ、変化に対応する力を身につける。これこそ革新的で創造的なものを生み出す力になるのだ。

03.
感情をコントロールして
生産性が上がる

旅をする人は、様々なストレスにさらされる。例えば、入国審査の待ち時間や態度の悪いホテルのスタッフなど。イライラすることがたびたび起こる。そのような状況下で、旅人は自分自身の感情と向き合い、それをコントロールしなければならない。
どんな状況でも感情をコントロールできると、仕事がはかどり生産性を向上させることにつながるのだ。

04.
人を見る目が持てる

新しい土地にいくと、見知らぬ人に頼らなければいけないことも。言葉が通じない時は特に、さまざまな要素から親切心を見極める力が必要になる。この力は、新しい人間関係を築く時に役立つ。誠実で信頼できる友だちを見極めることができるようになるのだ。

05.
恐怖を克服できる

成功の大きなカギとなるのは、行動を起こすこと。旅をしていると、後戻りができない状況に陥ることもある。そのような状況下でも恐怖に立ち向かい、克服する勇気を持てるようになる。

06.
チャンスを逃さない

文化の違いに触れることで、今までは知らなかった方法を違った視点で見つけ出すことができるようになる。こういった新しい視点を使えば、どんな場所でも物事を発展させ改善できるチャンスを見つけだすことができるようになる。

07.
交渉スキルが磨かれて
欲しいものが手に入る

旅で騙されないようにするには、交渉できることが大切になる。押し付けがましくなったり、攻撃的になったりすることなく、欲しいものを手に入れるのが交渉のスキル。
このスキルはビジネスにおいても、自分の意見や考えを理解してもらうために重要なもの。

08.
他人に分からない美しさに
気づく

世界中でたくさんの風景やものを目にすると、美しさに対して脳が敏感になる。常に新しい景色に触れることで、五感が刺激される。他の人には普通のことでも、旅人の目には美しく見えることもしばしば。
写真家や詩人などが持ち合わせているこのスキルは、創造力を刺激してくれる。

09.
どんな状況でも
自信を持っている

旅人は自分に自信を持ち、望むものを手に入れることができる力を持っている。この力は、失敗という壁にぶつかった際にそれを乗り越える時に役立つ。

10.
違いを理解して受け入れる
ことができる

旅をしていると、毎日知らない人に出会う。出会いの連続の中で自然と質問することが上手くなり、人の考え方や文化、習慣を学ぶことが容易になる。人の考えを深く理解できることで、その人の違いを受け入れることが可能になる。このため、友だちも簡単に作ることができるのだ。

11.
時間の大切さを
知っている

時間を大切にしその瞬間を生きるということは、身体的にも精神的にも大きな利益がある。頻繁に旅をする人は、時の儚さを知っている。このような考えが普通の人よりも、今の時間を大切に生きるという考えにつながる。

12.
たくさん笑い
幸せになる

ある研究から、旅は人を幸せにするということが分かった。旅人は、常に新しい場所に移動し続けるので、平均的な人よりも笑顔になることが多いからだとか。彼らは、日々新しい文化や人に触れることで、幸せで充実した日々を過ごしている。そのような生き方が、幸福に繋がるのだ。

13.
話すだけじゃなく
聞く力をもっている

人の話を聞くということは、なかなか難しい。その人が本当は何を伝えたいかをちゃんと聞くことは、成功するための重要なポイント。よく旅をする人は、何も知らない場所にいった時に聞くことの大切さを理解している。

14.
批判する前に
理解し共感できる

素晴らしいリーダーは人々の信頼を得て、共感を得る力を身につけている。頻繁に旅をする人は、批判せずに人の気持ちに共感することができる。共感とは、自分から進んで相手を理解しようとする気持ちから生まれる。旅人は多くの場所にいくたびに、その力を自然と身に付けているのだ。

15.
お金の使い方を知っている

世界中のありとあらゆる場所を知っているから、どこにでも住める自信がある。そして自分の持っているお金に合わせて住む場所を選ぶこともできる。旅をしながら仕事をする人は、少ない稼ぎでもよい暮らしを送る術を知っているのだ。

旅から、私たちが刺激を受け、学ぶことはたくさんある。自分の個性やスキルを自然と身に付けることができ、その結果ビジネスでも成功する可能性が高くなるのだ。

Licensed material used with permission by LifeHack.org

関連記事リンク(外部サイト)

30歳までに向き合わないと後悔する「30のコト」。
アインシュタイン以上のIQを持つ、自閉症の少年のスピーチ。「大切なのは学びじゃない」
あなたとは、ココが違います!クリエイティブな人に共通する「13の特徴」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP