ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平子理沙と二重生活中の吉田栄作 加賀美セイラと深夜の密着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・山手通り沿いにひっそりと佇む一軒のバー。店内には虎の剥製が飾られ、強面の男性がバーテンを務めるなど、ハードロックな雰囲気で、お忍びで通う芸能人も多い。5月下旬、そんな店のカウンターで若いハーフ美女と並んで酒を酌み交わしていたのは吉田栄作(46才)だ。

「錦織圭選手(25才)が出場していた全仏の試合が店内のテレビで流されていて、最初はそれをふたりで見ていたんです。でも、途中から酔いが回ってきたのか、女性の方が栄作さんにアプローチを始めて…」(バー関係者)

 その健康さと色っぽさを兼ね備えた積極的な“雌ガール”は、明らかに妻・平子理沙(44才)ではなかった──。

 吉田の隣で顔を赤らめながら甘えてみせる彼女は、「パパパパーン!」という歌声とともにウエディングドレス姿で登場する『ゼクシィ』のCMでブレークし、その後、人気バラエティー番組『ピカルの定理』(フジテレビ系)へのレギュラー出演も果たした人気モデル・加賀美セイラ(27才)だった。

「栄作さんと彼女は体を密着させていて、かなりいい雰囲気でしたよ。彼女がキスをせがむようなポーズをすると、栄作さんもまんざらではない様子で、顔を近づけてみたり…」(前出・バー関係者)

 ふたりの関係は8年前にさかのぼる。2007年12月、セイラは自身のブログに吉田とのツーショット写真を載せていて、こう彼を絶賛していた。

《ステージでは、凄い格好良くて、歌も上手い&ギターも弾けちゃう…演技も出来る…(中略)なんか凄く輝いてました》

 当時はまだ20才そこそこだったセイラにとって、吉田は憧れの人だったようだ。そして今──深夜1時、怪しげな雰囲気のまま、店を出たふたりはタクシーに乗り込むと夜の街へと消えていった…。

 吉田は1997年に平子と結婚。何度も破局説が流れるもその都度否定し続けていた。しかし、2012年4月、平子が夫婦で暮らしていたマンションとは別の高級マンションを購入して、『仮面ライダー555』(テレビ朝日系)に出演する俳優・村井克行(45才)とペアルック姿で逢瀬を重ねる“二重生活”を送っていたことを女性セブンが報じた。

 当時、平子の所属事務所は、この別宅と村井との関係について、こう説明している。

「あのマンションは衣装部屋と、彼女が展開しているブランドのオフィスとして使っているものです。冷蔵庫も家具もほとんどないんです。村井さんは、家族ぐるみのおつきあいをしているかたです」

 あれから3年──夫婦は、いまだこの奇妙な二重生活を継続していた。5月下旬、イベント出演の仕事を終えた平子は、一度は吉田が暮らすマンションに立ち寄ったものの、件の別宅マンションに帰宅した。

「最近、平子さんは別宅マンションを快適に住めるようにリフォームしたそうです。もはや二重生活というより、“別居”ですよね…」(平子の知人)

※女性セブン2015年6月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
平子理沙 夫・吉田栄作が住む自宅近所に別宅を購入していた
平子理沙宅から現れた俳優は「家族ぐるみの付合い」と事務所
平子理沙がモデルに起用された通販下着 売上好調の理由分析

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP