ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪「呪い殺す」隣人トラブルの被害者 現在の心境を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月2日、大阪府の迷惑防止条例違反の疑いで水谷悦子容疑者(74才)が逮捕された。近隣住民は、隣に住むA子さん(30代)に対する容疑者の嫌がらせを頻繁に目撃していた。

住民B:「“攻撃”が始まったのは、今から3年くらい前です。それまでは、近所でも“世話焼きで気さくなおばちゃん”って感じでした。それが、自宅前にゴミを捨てたり、路上で顔を合わせたときに、“こっちを見るな”と怒鳴るようになって…」

住民C:「だんだんエスカレートして今度は木の棒でA子さんの自宅の壁を叩いたり、“呪い殺す”と脅迫する言葉を浴びせるようになったんです」

住民D:「近所に響きわたるくらい大きな声で、お隣さんの悪口を叫んではるんですよ。“ここの女は怖い女や”とか“男ばっかり追いかけて”とか」

 容疑者はA子さんに対し罵声を浴びせたほか、「お前んとこの子供なんか殺すからな」と母子を追いかけ回し、勝手に敷地内に入り、鳥の死骸を投げ込んだ。

 再三の通報を受けた警察は、容疑者と40代の娘を口頭注意。署に呼び出して誓約書を書かせたこともあった。

「しかし、容疑者は“私は字が書けないから、誓約書も書けません”と拒否したんです。結局娘が代書しましたが、それでも迷惑行為は収まりませんでした。“民事不介入”ということもあり、警察はなかなか手を出せずにいたんです」(警察関係者)

 そこでA子さん一家が頼ったのが防犯カメラだった。今回、容疑者の逮捕を受けて公開された映像には、容疑者が堂々とA子さんの家に向かって暴言を吐き、カメラを蹴り上げたり、カメラの前に座り込んで挑発するような姿が捉えられていた。

 今回の件でいえば、警察が動き、事件が明るみにでたことで、ホッと胸をなでおろす一面もあるが…。

「容疑者は、A子さんのことを“嫌いや”と言いながらも、容疑を否認しています。反省の色もなく、護送時についた3人の警察官に“私にこんなたくさんついてこんでもええのに。もったいない。仕事し! 帰り!”と言い放ちました。勾留期間に起訴されなければ最長10日で釈放されますし、仮に起訴されて実刑になったとしても、罰則は最大で6か月以下の懲役か50万円以下の罰金です」(前出・警察関係者)

 それが過ぎればA子さんと容疑者はまた“隣人同士”に逆戻りだ。女性セブンの取材にA子さんが重い口を開いた。

「恐怖心が染みついてしまっていて、彼女の顔を思い出すだけでビクビクしています。防犯カメラに気づいたのを境に嫌がらせはひどくなりましたし、今回警察に動いてもらったことで、さらに状況を悪化させてしまうんじゃないかと…。引っ越しも考えたんですが、金銭面や子供の生活もありますし…」

 隣人トラブルがもつ闇は根深い。

※女性セブン2015年6月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
福井教え子殺人事件 毎晩現場に謎の軽自動車が停まっていた
ASKA 「もうクスリやめて」と懇願する妻に凄まじいDVをした
酒飲むと明るくなる菊地直子 カップ麺のこだわり語ることも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP