ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】中国が配信を禁止した日本アニメ38作品リスト / 進撃の巨人やデスノートも禁止

DATE:
  • ガジェット通信を≫

上海国際映画祭のイベントのひとつとして上映が予定されていた、日本の映画『進撃の巨人』や『ビリギャル』などの作品が、開催直前になり上映禁止になったことが判明した。

・非常に悲しい状況
ならびに、日本のアニメ38作品も配信が禁止され、中国のアニメファンにとって、非常に悲しい状況となっている。配信禁止の理由は、性表現、暴力、犯罪に誘い込む表現など。以下が、配信禁止になった日本のアニメ作品リストである。

・中国文化省が配信を禁止した日本アニメ38作品
1. 残響のテロル
2. BLOOD-C
3. 学園黙示録
4. Ergo Proxy
5. ダンスインザヴァンパイアバン
6. 寄生獣
7. スカルマン
8. Another
9. インフェルノコップ
10. アフロサムライ
11. 東京喰種トーキョーグール
12. ソードアート・オンライン
13. 東京ESP
14. 東京レイヴンズ
15. デビルメイクライ
16. Mnemosyne ~ムネモシュネの娘たち~
17. 新妹魔王の契約者
18. 進撃の巨人
19. コープスパーティー
20. ストライク・ザ・ブラッド
21. デスノート
22. デッドマン・ワンダーランド
23. デート・ア・ライブ
24. サイコパス ~PSYCHO-PASS~
25. デビルマンレディー
26. School Days
27. エルフを狩るモノたち
28. エルフェンリート
29. ハイスクールD×D
30. 百花繚乱 ~SAMURAI GIRLS~
31. だから僕は、Hができない。
32. GIRLSブラボー
33. かのこん
34. はぐれ勇者の鬼畜美学
35. 桜通信
36. 暗殺教室
37. 黒執事3
38. クレイモア

・日本で普通に楽しまれている作品も禁止
皆さんがいつも楽しんでいるアニメ作品も、リスト内にあるのではないだろうか? 特に『進撃の巨人』や『寄生獣』、『暗殺教室』はディープなファンが多くいることでも知られており、配信禁止は非常に悲しいところである。


https://youtu.be/2X0i4gnbBOA

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/06/11/anime-china/

Via: 進撃の巨人

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP