ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【グルメ】イラン人が作ってるラーメン屋が大人気! 麺も自分で作る徹底ぶりがスゴイ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イラン人が作っている東京のラーメン屋が、ラーメンマニアの間で話題となっている。イランといえば、ペルシャ絨毯やケバブをイメージしがちだが、今後は「イランといえばラーメン!」になるかもしれない。

・威勢のよい店主が出迎える
話題になっている店は、東京都杉並区のラーメン屋『ビアビア』。店主はイラン人男性で、なんと、麺はすべて自家製。研究に研究を重ね、細麺ながら、コシの強い食感が楽しめる仕上がりに。店内に入ると、製麺機がドドーンと置かれており、威勢のよい店主が出迎えてくれる。

・ルックスもイケメンだ
店主のイラン人はワイルドな風貌で、ルックスもイケメンだ。その評判を聞いて、多くの日本人女性客が訪れているのも理解できるレベル。しかしラーメンは、イケメンだろうとブサイクだろうと関係ない。美味いか、マズイか、そのどちらかのみ!!

・国産のトマトをじっくり焼く!!
イラン人店主のこだわりは、日本人顔負けレベル。醤油は濃口と甘口を絶妙なバランスでブレンドし、そこに香味油をプラスして仕上げたものを使用。また、国産のトマトをじっくりと5時間かけて焼き上げ、酸味と甘味を引き出してラーメンのアクセントに使用している。

・実際に食べたらマジで絶品
どれくらい豪快なラーメンが出てくるのかとドキドキしていたが、イラン人店主がテーブルに置いたラーメンは、意外にも繊細かつ芸術的なものだった!! 見ただけで「美味しい」と言ってしまいそうだが、実際に食べたら本気(マジ)で絶品だった!!

・「ガツン!」と響く濃い目のテイスト
濃い目の味付けは好き嫌いがハッキリ分かれそうだが、こってり油膜と、繊細スープ、そして全体的に「ガツン!」と響く濃い目のテイストが、麺のみならず、チャーシューやネギ、シナチクの旨味を引き出しているのを感じた!!

・爽やかな旨味を生む
特に、あえて大雑把に切られたネギのシャキシャキがたまらない!! 油膜とスープがネギから溢れるエキスと出会い、爽やかな旨味を生むのだ。ちなみに、スープは鳥取県産の大山鶏をまるごと使用し、魚介ダシもくわえて仕上げたもの。

・センスと努力の賜物
いやはや、イラン人がここまで本気なラーメンを作っちゃうとは驚きである。センスと努力の賜物がそこにある。

ビアビア
住所: 東京都杉並区高円寺南1-6-6 吉川ビル 1F
時間: 11:30~15:00 17:30~22:00 土日祝11:30~21:00
休日: 月曜日
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13150971/

https://youtu.be/p38q6a_I6c8

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/06/10/iran-ramen/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。