ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Apple Musicの発表が競合各社の株価に影響を与える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 Appleが6月30日に月額9,99ドル(約1,250円)でApple Music(アップル・ミュージック)サービスを開始すると発表したことを受け、8日、Pandora Media(パンドラ・メディア)とRealNetworks(リアルネットワークス)の株価がそれぞれ4%下落した。ハリウッド・リポーターが伝えている。

 まもなく発売になるApple製品が、Pandoraおよび、RealNetworksが一部所有するジョイントベンチャー、Rapsody(ラプソディ)などのライバルサービスの成長にブレーキを掛けるのではと、投資家たちが心配したのだろう。Spotify(スポティファイ)やiHeartRadio(アイハートラジオ)、Tidal(タイダル)など、他のサービスが影響を受ける可能性もあった。

 Pandoraには月額4.99ドル(約620円)のプレミアム・サービスのみならず無料アカウントもあり、登録ユーザーは2億人で業界トップとみなされている。同社の株価は8日に70セント(約87円)下落し17.69ドル(約2,200円)に。時価総額は38億ドル(約4,700億円)になった。

 一方、4.99ドルと9.99ドルのサービスがあり、ひとつのアカウントに複数のユーザーが登録できるRhapsodyは、有料会員200万人を誇る。RealPlayerソフトで名前が売れたRealNetworksの株価は25セント(約30円)下がり6.82ドル(約850円)に。時価総額は2億4,620万ドル(約306億円)となった。

 すでにAppleはiTunesストアを通じてデジタル音楽の代表選手になっているが、昨年、ヘッドフォンで有名なBeats Electronics(ビーツ・エレクトロニクス)を買収した際にBeats Music(ビーツ・ミュージック)を獲得している。Apple Musicは、曲がスキップできる世界的インターネットラジオ、Beats One(ビーツ・ワン)を統合することになるだろう。

 Appleの株価は8日に1%上昇して127.80ドル(約15,900円)になり、時価総額は7,363億ドル(約91兆円)となった。

関連記事リンク(外部サイト)

BLUE 来日公演を控えるイギリスの国民的グループが新作を発表、特典でSP“自撮り”コメントも収録
ストームトルーパーの登場に園児たちも釘付け、『スター・ウォーズ』田植えがスタート
ウィズ・カリファ 洋楽チャート7週目の首位を死守、テイラー・スウィフト「バッド・ブラッド」が遂にTOP3に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP