ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米研究者が選ぶ「栄養価の高い野菜ベスト10」!第一位は意外にも・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

mindbodygreen」に掲載された注目の記事をご紹介。なんでも栄養学の観点から、野菜・果物の中でもっとも栄養価の高い食材「ベスト10」が判明したそう。
今回は、ランキング形式に発表したいと思います。さて、ダントツ1位を獲得した「キング・オブ・ベジタブル」はいったい何?

美容やダイエットに効果アリと、注目が集まる「スーパーフード」ですが、そもそも何を指してスーパーなのかと言えば…、自然界がつくり出す栄養価に優れた植物性の食べもののこと。
おなじみのアサイーやキヌアなどが、その代表のように思われがちですが、じつは普段から私たちが口にしている野菜のなかにも、負けず劣らずの栄養価が高いスーパーフードが存在しているんですよ。

米・ニュージャージー州ウィリアム・パターソン大学の研究者Jennifer Di Noia博士が、もっとも栄養素の含有量が高い野菜・果物41品目を徹底調査しました。彼女の研究チームが比較対象とした栄養素は、じつに17種類(カリウム・繊維・タンパク質・カルシウム・鉄・チアミン・リボフラビン・ナイアシン・葉酸・亜鉛・およびビタミンA、B6、B12、C、D、E、K)。これを1日の平均摂取カロリー2,000kcalに置き換えたとき、調査対象の野菜・果物100g内にどのくらいの栄養素が含まれているかを科学的に算出。その結果がこちら。

41品目中、最下位に甘んじたのはグレープフルーツで10.47ポイント。これは、100gを摂取した際に得られるビタミンやミネラルを100%としたときに、得られる栄養成分の量がおよそ10.47という計算だそう。では、10位から順に見ていきましょう。

第10位
カラードグリーン
(62.49ポイント)

日本ではあまり馴染みのない野菜ですが、青汁の原料ともなる栄養価の高い野菜。葉っぱが丸く結球しませんが、キャベツの仲間です。本場アメリカではベーコンや塩豚と炒めるのが一般的。

第9位
ロメインレタス
(63.48ポイント)

シーザーサラダに欠かせないのがこのレタス。肉厚で食べごたえのある歯ざわりが特徴的です。玉レタスに比べて栄養価も高いので、サラダにおすすめです。

第8位
パセリ
(65.59ポイント)

料理のつけ合わせとしての印象が強いかもしれませんが、底は侮るなかれ。免疫力を高めたり、豊富な鉄分含有量で貧血を予防するのにもパセリが◎。

第7位
リーフレタス
(70.73ポイント)

栄養価が低いと思われがちなレタス類も、れっきとした緑黄色野菜です。ビタミンCや鉄分、カルシウムを多く含んだ野菜です。

第6位
エンダイブ
(73.36ポイント)

ヨーロッパ原産のキク科の野菜。最近は生鮮コーナーにも並ぶこともあり、日本でも徐々に認知度が上がってきました。高血圧に効果があるとか。

第5位
ほうれん草
(86.43ポイント)

いわずと知れた栄養満点野菜も5位止まり。それでもビタミン、ミネラル、そして鉄分豊富な万能野菜ですよね。生のままサラダで食すのがおすすめです。

第4位
ビーツ
(87.08ポイント)

世界が注目する健康食材ビーツ。血液の流れを改善するとされる一酸化窒素「NO(エヌオー)」だけでなく、天然のオリゴ糖が腸内環境を改善するのにも役立つそうです。真っ赤な根の部分ばかりに注目が集まりますが、じつは葉も栄養たっぷり。さっと炒めてきんぴらにしたり、ナムルがおすすめ。

第3位
スイスチャード
(89.27ポイント)

ピンクや黄色の茎が印象的なこの野菜。スイスチャードには豊富なカリウムが含まれています。そのため筋肉の緩和や夏バテ予防にも効果的。

第2位
チンゲンサイ
(91.99ポイント)

豊富なβカロテンが特徴的なチンゲンサイ。その量はピーマンの約6倍とも言われています。

第1位
クレソン
(100ポイント!)

 

栄えある第一位はクレソン!それも満点を獲得するほど、栄養素が豊富な野菜なんです。βカロテン、カルシウム、カリウム、鉄、ビタミンCと総合バランスの良さもこの野菜の特徴。肉料理との相性もバッチリですね。

もちろん、クレソンばかりを食べればいいという訳ではありません。これら上位の野菜をサラダに取り入れるなど、バランス良く摂取することが大切、とDi Noia博士もすすめています。

新しい健康食材が注目されると、すぐに飛びついてしまう人も少なくないはず。だけど、こうしたいつもの食卓に登場する野菜からも、目に見えないパワーがもらえるんですね。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

関連記事リンク(外部サイト)

【信じられる?】若さと健康を保つカギは自分の食べたいものを食べること。
南米はスーパーフードの宝庫!4,000年以上前から食べられてきた、美容と健康を保つ「5つの食材」
奇跡のスーパーフード、「スピルリナ」を今すぐ食べるべき9つの理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP