体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米研究者が選ぶ「栄養価の高い野菜ベスト10」!第一位は意外にも・・・

150610_healtiestvege

mindbodygreen」に掲載された注目の記事をご紹介。なんでも栄養学の観点から、野菜・果物の中でもっとも栄養価の高い食材「ベスト10」が判明したそう。
今回は、ランキング形式に発表したいと思います。さて、ダントツ1位を獲得した「キング・オブ・ベジタブル」はいったい何?

shutterstock_126744203

美容やダイエットに効果アリと、注目が集まる「スーパーフード」ですが、そもそも何を指してスーパーなのかと言えば…、自然界がつくり出す栄養価に優れた植物性の食べもののこと。
おなじみのアサイーやキヌアなどが、その代表のように思われがちですが、じつは普段から私たちが口にしている野菜のなかにも、負けず劣らずの栄養価が高いスーパーフードが存在しているんですよ。

米・ニュージャージー州ウィリアム・パターソン大学の研究者Jennifer Di Noia博士が、もっとも栄養素の含有量が高い野菜・果物41品目を徹底調査しました。彼女の研究チームが比較対象とした栄養素は、じつに17種類(カリウム・繊維・タンパク質・カルシウム・鉄・チアミン・リボフラビン・ナイアシン・葉酸・亜鉛・およびビタミンA、B6、B12、C、D、E、K)。これを1日の平均摂取カロリー2,000kcalに置き換えたとき、調査対象の野菜・果物100g内にどのくらいの栄養素が含まれているかを科学的に算出。その結果がこちら。

41品目中、最下位に甘んじたのはグレープフルーツで10.47ポイント。これは、100gを摂取した際に得られるビタミンやミネラルを100%としたときに、得られる栄養成分の量がおよそ10.47という計算だそう。では、10位から順に見ていきましょう。

第10位
カラードグリーン
(62.49ポイント)

shutterstock_186340886

日本ではあまり馴染みのない野菜ですが、青汁の原料ともなる栄養価の高い野菜。葉っぱが丸く結球しませんが、キャベツの仲間です。本場アメリカではベーコンや塩豚と炒めるのが一般的。

第9位
ロメインレタス
(63.48ポイント)

シーザーサラダに欠かせないのがこのレタス。肉厚で食べごたえのある歯ざわりが特徴的です。玉レタスに比べて栄養価も高いので、サラダにおすすめです。

第8位
パセリ
(65.59ポイント)

shutterstock_208057516

料理のつけ合わせとしての印象が強いかもしれませんが、底は侮るなかれ。免疫力を高めたり、豊富な鉄分含有量で貧血を予防するのにもパセリが◎。

第7位
リーフレタス
(70.73ポイント)

栄養価が低いと思われがちなレタス類も、れっきとした緑黄色野菜です。ビタミンCや鉄分、カルシウムを多く含んだ野菜です。

第6位
エンダイブ
(73.36ポイント)

shutterstock_200751839
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。