ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、検索で自動的に最寄りの名称に変換するGoogle Now新機能「Location Aware Search」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が 6 月 8、9 日にパリで行われた SMX Paris イベントで、ユーザーの位置を認識して検索クエリを自動的に意図したものに変換する Google Now の新機能を披露していたそうです。これは「Location Aware Search」と呼ばれる検索技術で、スマートフォンの現在地をリアルタイムに認識し、付近のランドマーク、地名、お店などを示す言葉を自動的に最寄りのものに変換してくれます。会場でのデモでは、“Call this conference center” と検索すると、イベントが行われている会場の受付に電話を発信したり、“How long is this river”と質問すると最寄りのセーヌ川の長さを表示していました。今のところ、 Location Aware Search 機能は日本語では機能しない模様です。Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
Google PlayストアでGoogle PlayブックスとFacebookメッセンジャーのダウンロード数が10臆回の大台を突破
Huawei Watchの発売が9月以降に延期されたらしい
NTT ドコモ、「Xperia Z4 SO-03G」のソフトウェアアップデートを本日20時より開始、スピーカー音量問題に対処

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP