体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

6/15付ビルボードジャパンチャートおよび6/1~6/7 RADIO ON AIR DATA発表

6/15付ビルボードジャパンチャートおよび6/1~6/7 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による6月15日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2015年6月1日〜6月7日)および2015年6月1日〜6月7日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

セールスで大差、関ジャニ∞がビルボード総合Hot100首位獲得

大倉忠義出演の日テレ系ドラマ『ドS刑事』主題歌、関ジャニ∞[エイト]「強く 強く 強く」がパッケージ・セールスでポイントを大きく伸ばし、Billboard JAPAN Hot100首位を獲得した。他指標ではラジオ27位、ルックアップ5位、ツイッター11位で、セールスで段違いの強さを発揮したことがよく分かる結果に。例年通り総選挙の結果が注目を集めたAKB48「僕たちは戦わない」は総合2位を維持、引き続きパッケージ・セールスとルックアップでポイントを積み上げた。

ゲス乙女。「私以外私じゃないの」は、YouTubeで1位をキープ。国内再生回数は180万回を数え、同2位のウィズ・カリファに約30万回以上の大差を付けている。ラジオで前週74位から34位にジャンプアップし、他指標もポイントを維持して総合8位を守っている。

先週ダウンロードを急伸させて総合首位となったUNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」はパッケージ・セールスは落としたものの、ダウンロードで引き続き1位、そして首位となったこと自体がニュースとして拡散し、ツイッターでは前週5位から1位に順位を上げた。

新たなストリーミングサービスが始まって、サービス全体が活性化する傾向が顕著になってきた。それによってリリースがかなり前の楽曲(マルーン5「シュガー」、クリーン・バンディット「ラザー・ビー feat.ジェス・グリン」など)もチャート・インしていて、特に洋楽曲が多くストリーミングされている。これがセールスなど他指標に波及するか、今後の展開に注目だ。

新チャート“Hot Albums” 第2回はMr.Children『REFLECTION』が人気の高さを見せつけ1位

先週からスタートした新しいチャート“Hot Albums”。このチャートは、アルバムの“CDセールス”“デジタル・ダウンロード”“ルックアップ回数”の3指標を合算して作られる国内初のアルバム複合チャートだ。

第2回発表のチャートでは、6月4日リリースのMr.Children『REFLECTION』が2位以下を大きく引き離し1位となった。『REFLECTION』は、全23曲収録の『{Naked}』とそこから厳選した14曲を収録した『{Drip}』の2形態でリリースされた。セールスで圧倒的なポイントの1位とルックアップ回数がトップとなり見事総合1位の座を射止めた。

2位には、先週1位のSuperfly『WHITE』。セールス2位、ダウンロード2位、ルックアップ8位と高ポイントを積み重ね、今週もTOP3をキープした。3位には、6月3日リリースのDef Tech、2年ぶりのオリジナルアルバム『Howzit!?』が入った。『Howzit!?』はダウンロード部門では1位となっており、デジタル世代の人気の高さがわかる。セールスで3位にチャートインしたクリス・ハート『Heart Song III』は総合4位。ダウントードとルックアップが伸び悩みTOP3入りを逃した。先週2位のμ’s『μ’s Best Album Best Live! Collection II』は、3部門でバランス良くポイントを稼ぎ総合5位となっている。

セールスで大差、関ジャニ∞がビルボード総合Hot100首位獲得

首位決戦の様相を呈した今週のビルボードアニメチャート。その首位に輝いたのはまたしてもUNISON SQUARE GARDENによる『血界戦線』主題歌「シュガーソングとビターステップ」だ。同曲はこれで3週連続のアニメチャート首位となった。発売より2週が経ちCDセールスはやや落ち着いたものの、デジタルセールスで相変わらずの1位を獲得。今週はTwitterも1位となったうえ、ラジオプレイでも2位となるなど、リスナーの根強い支持を感じさせポイントを積み上げた。

その「シュガーソング~」と僅差の2位となったのが、今週発売のAimer(エメ)による『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』OP曲「Brave Shine」。CDセールスで寿嶺二(森久保祥太郎)の「NEVER…」を押さえ1位になったほか、デジタルセールスでも「シュガーソング~」に半歩と迫る2位を獲得。しかし、ラジオプレイとTwitterでのポイントが覆せずUNISON SQUARE GARDENには及ばなかった。とは言え、ここで十分に認知を拡げ、次週目以降、一気に浮上する可能性も感じさせる好位置につけたと言えるだろう。

1 2 3 4次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。