ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

村上春樹がスペイン・アストゥリアス皇太子賞の候補に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 村上春樹氏にまた新たな勲章が加わるかもしれない。
 スペインの権威ある文学賞「アストゥリアス皇太子賞」の文学部門の候補者27人のなかに、村上氏が入っていることをスペインの日刊紙「El País」が報じている。

 アストゥリアス皇太子賞は、その名の通りスペインのアストゥリアス皇太子が主宰し、文学部門では全世界の劇作家や詩人、小説家などのなかから最も優れた人物を選出する。過去にはポール・オースター(アメリカ・2006年)、レナード・コーエン(カナダ・2011年)、フィリップ・ロス(アメリカ・2012年)といった名だたる面々が受賞している、世界的な文学賞だ。
 過去に日本人の受賞はないが、「コミュニケーションおよびヒューマニズム部門」では、2012年に「スーパーマリオシリーズ」や「ドンキーコングシリーズ」の生みの親として知られるゲームプロデューサーの宮本茂氏が受賞している。

 気になる「文学部門」の今年の候補者は、村上氏と同じく長年ノーベル文学賞の候補として取り沙汰されているアドニス(シリア・詩人)やジェームズ・ソルター(アメリカ・小説家)、イアン・マキューアン(イギリス・小説家/劇作家)、レオナルド・パドゥーラ・フエンテス(キューバ・小説家)、トム・ストッパード(イギリス・劇作家/脚本家)など、いずれも世界的に評価の高い書き手ばかり。

 こうしたメンバーのなかで村上氏の受賞はあるのか。
 発表は現地時間の今日12時(日本時間19時)に、スペインのオビエドで行われる予定だ。
(新刊JP編集部)

参考記事:Adonis, Stoppard, Murakami, Salter y Padura, favoritos al Princesa de Asturias de las Letras(El País)


(新刊JP)記事関連リンク
村上春樹の名作、実はパロディ?
『1Q84』は外国人にどれほど認知されているのか?
【今日の誕生日の作家は?】6月9日 有川浩(1972年)

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP