ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2000万人が患う変形性膝関節症 細胞シートで軟骨再生に期待

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国内の変形性膝関節症の患者は、2000万人以上と推計され、高齢化とともに増加している。膝関節の間の軟骨がすり減って痛みを感じ、重症化すると人工関節置換術(ちかんじゅつ)を受けることもある。

 そこでヒト幹細胞を使い、膝の軟骨を再生させる臨床研究の結果が報告された。患者自身の軟骨の一部を採取して培養し、シート状にしたものを軟骨に貼る治療法だ。実施した全員の軟骨が再生し、日常生活に不自由しないばかりか、スポーツもできるまでに回復している症例もある。

 臨床研究を行なった東海大学医学部付属病院整形外科の佐藤正人教授に話を聞いた。

「研究当初は、採取した軟骨の細胞をスポンジ状の人工材料の中に入れて培養しましたが、培養に時間がかかり、質のよい軟骨ができませんでした。その後、軟骨の欠損の表層に蓋をすれば、軟骨が修復することがわかり、欠損している孔を覆うように細胞シートを移植しました。3か月程度で硝子軟骨という質のよい軟骨が再生していることが確認できました」

 治療は関節鏡を使い、患者の膝に残っている軟骨の細胞を採取する。それを培養してシート状にし、5センチほど膝を切り、細胞シートを移植する。細胞シートからは、サイトカインや増殖因子などの液性成分が滲み出し、幹細胞が軟骨の再生を促す。臨床研究は20~60歳で、外傷または加齢によって生じた4.2平方cm以下の欠損を持つなど、いくつかの条件をクリアした患者8人を対象に実施された。

 効果はあったが問題もある。患者自身の細胞を使うには、2回も手術が必要なのと、患者によって細胞が活発な人と、そうでない人の差が出てしまい、使用する細胞シートの量に、ばらつきがあった。

 そのため、他人の細胞で培養した細胞シートを使う臨床研究に向けて準備が始まっている。軟骨は免疫反応が起こりにくいので、海外ではすでに他人の組織移植が当たり前に実施されている。軟骨細胞の入手にあたり、全国の骨バンクや海外からの輸入も検討されたが、トレーサビリティ(流通履歴)の問題を厚生労働省から指摘された。そこで多指症の手術時に廃棄される指から軟骨を採取することに。

「指を多く持って生まれた乳児から採取した細胞なので、成長が早く、2週間で約700枚、3週間では8000枚近くの細胞シートができます。他人の細胞なので、遺伝子異常や腫瘍にならないか、免疫反応が本当にないのかを調べ、最適な細胞シートを作った上で、実際の患者さんに移植します」(佐藤教授)

 他人の細胞を使った臨床研究については、修復効果の高い細胞シートを作成し、条件に適応した患者を対象に近々、臨床研究が開始され、安全性と有効性の確認を行なう。患者自身の細胞による細胞シートの移植は、先進医療の申請を国に行ない、2年後をめどに導入を目指す予定だ。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2015年6月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
歯周病で失われた歯茎、歯槽骨を元通りにする再生治療の研究
再発繰り返す難治性中耳炎 鼻粘膜再生する治療法開発される
インプラントのために歯槽骨を4~6か月で再生させる治療法

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP