ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セールスで大差、関ジャニ∞がビルボード総合Hot100首位獲得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大倉忠義出演の日テレ系ドラマ『ドS刑事』主題歌、関ジャニ∞[エイト]「強く 強く 強く」がパッケージ・セールスでポイントを大きく伸ばし、Billboard JAPAN Hot100首位を獲得した。他指標ではラジオ27位、ルックアップ5位、ツイッター11位で、セールスで段違いの強さを発揮したことがよく分かる結果に。例年通り総選挙の結果が注目を集めたAKB48「僕たちは戦わない」は総合2位を維持、引き続きパッケージ・セールスとルックアップでポイントを積み上げた。

 ゲス乙女。「私以外私じゃないの」は、YouTubeで1位をキープ。国内再生回数は180万回を数え、同2位のウィズ・カリファに約30万回以上の大差を付けている。ラジオで前週74位から34位にジャンプアップし、他指標もポイントを維持して総合8位を守っている。

 先週ダウンロードを急伸させて総合首位となったUNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」はパッケージ・セールスは落としたものの、ダウンロードで引き続き1位、そして首位となったこと自体がニュースとして拡散し、ツイッターでは前週5位から1位に順位を上げた。

 新たなストリーミングサービスが始まって、サービス全体が活性化する傾向が顕著になってきた。それによってリリースがかなり前の楽曲(マルーン5「シュガー」、クリーン・バンディット「ラザー・ビー feat.ジェス・グリン」など)もチャート・インしていて、特に洋楽曲が多くストリーミングされている。これがセールスなど他指標に波及するか、今後の展開に注目だ。

◎【Billboard JAPAN Hot100】トップ20
1位「強く 強く 強く」関ジャニ∞[エイト]
2位「僕たちは戦わない」AKB48
3位「シュガーソングとビターステップ」UNISON SQUARE GARDEN
4位「Brave Shine」Aimer(エメ)
5位「Beautiful」Superfly
6位「水彩の月」秦基博
7位「SISTER」back number
8位「私以外私じゃないの」ゲスの極み乙女。
9位「シー・ユー・アゲイン」ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース
10位「SUN」星野源
11位「Anniversary!!」E-Girls
12位「メモリーズ」GRANRODEO
13位「僕の言葉ではない これは僕達の言葉」UVERworld
14位「もしも運命の人がいるのなら」西野カナ
15位「SUMMER TIME」TUBE
16位「未完」Mr.Children
17位「Hello,world!」BUMP OF CHICKEN
18位「NEVER…」寿嶺二(森久保祥太郎)
19位「シュガー」マルーン5
20位「バッド・ブラッド」テイラー・スウィフト

関連記事リンク(外部サイト)

6月15日付 Billboard Japan HOT 100
チームしゃちほこ、自転車に乗って名古屋を横断&パルコ前でゲリラライブも実施「サカエスプリングのつなぎで」
UNCHAIN 新アルバム全曲試聴トレーラー映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP