ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この夏、映画館にこもりたい理由→Bunkamuraにフランス映画の巨匠が集結!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

真夏の太陽より、映画館のスクリーンの光が好きだ!

というわけで、来月7月、映画館にこもりまくるのに最適な、イベント上映が行われます。トリュフォーにゴダール、カラックスまで! フランス映画の名作という名作が、Bunkamuraル・シネマに集結! ……ひとりでも観るのもいいですが、デートにも、あまりにもぴったりです……。

詳細は、下記ですっ!

★★★

1950年代末にフランスで始まった、”新しい波”を意味する映画運動ヌーヴェルヴァーグ。パリに生きる恋人たちの感情を瑞々しく等身大に描き、当時の若者たちの絶大なる支持を得ました。
恋愛映画の名手トリュフォーの『突然炎のごとく」「大人は判ってくれない」、ファッション・アイコンとしても名高いゴダールの「はなればなれに」、ルイ・マルの「地下鉄のザジ」、そしてヌーヴェルヴァーグの後継者、カラックスが産んだ伝説の愛の傑作「ポンヌフの恋人」など、貴重なフィルムを多数含む21作品を一挙上映。半世紀以上経った今も、映画のみならずファッションや音楽、カルチャー全般に多大な影響を与え続ける名作の数々が、スクリーンに甦る4週間。今なお新鮮な魅力溢れる恋人たちの物語を、ル・シネマでお楽しみください。

< イベント概要 >
Bunkamuraル・シネマ特集上映企画『ヌーヴェルヴァーグの恋人たち』
●上映期間:2015年7月4日(土)~7月31日(金)
 ※上映スケジュールはBunkamuraル・シネマの公式HPにて
●場所:Bunkamura ル・シネマ 
(東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura 6F TEL:03-3477-9264)
http://www.bunkamura.co.jp/cinema/
●料金:¥1,300均一(リピーター、学生は¥1,000) (税込)
●主催:Bunkamura
●協力:KADOKAWA、マーメイドフィルム、アーク・フィルムズ、メダリオンメディア、ザジフィルムズ

< 上映作品 >
『あこがれ』(1957年/17分/モノクロ/35ミリ)
監督:フランソワ・トリュフォー

『大人は判ってくれない』(1959年/99分/モノクロ/デジタルリマスター版)
監督:フランソワ・トリュフォー

『ピアニストを撃て』(1960年/85分/モノクロ/35ミリ)
監督:フランソワ・トリュフォー

『突然炎のごとく』(1961年/105分/モノクロ/デジタルリマスター版)
監督:フランソワ・トリュフォー

『アントワーヌとコレット<二十歳の恋>より』(1962年/29分/モノクロ/35ミリ)
監督:フランソワ・トリュフォー

『柔らかい肌』(1964年/116分/モノクロ/35ミリ)
監督:フランソワ・トリュフォー

『夜霧の恋人たち』(1968年/90分/カラー/35ミリ)
監督:フランソワ・トリュフォー

『家庭』(1970年/100分/カラー/35ミリ)
監督:フランソワ・トリュフォー

『恋のエチュード』(1971年/132分/カラー/35ミリ)
監督:フランソワ・トリュフォー

『私のように美しい娘』(1972年/98分/カラー/35ミリ)
監督:フランソワ・トリュフォー

『逃げ去る恋』(1979年/94分/カラー/35ミリ)
監督:フランソワ・トリュフォー

『終電車』(1980年/131分/カラー/デジタルリマスター版)
監督:フランソワ・トリュフォー

『隣の女』(1981年/106分/カラー/35ミリ)
監督:フランソワ・トリュフォー

『日曜日が待ち遠しい!』(1983年/111分/モノクロ/35ミリ)
監督:フランソワ・トリュフォー

『地下鉄のザジ』(1960年/93分/カラー/35ミリ)
監督:ルイ・マル

『はなればなれに』(1964年/96分/モノクロ/BD)
監督:ジャン=リュック・ゴダール/音楽:ミシェル・ルグラン

『男性・女性』(1966年/105分/モノクロ/35ミリ)
監督:ジャン=リュック・ゴダール

『ボーイ・ミーツ・ガール』(1983年/104分/モノクロ/35ミリ)
監督:レオス・カラックス

『汚れた血』(1986年/119分/カラー/35ミリ)
監督:レオス・カラックス

『ポンヌフの恋人』(1991年/126分/カラー/35ミリ)
監督:レオス・カラックス

『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』(1986年/121分/カラー/BD)
監督:ジャン=ジャック・ベネックス

■関連記事

映画宣伝に興味がある人へ。惹句師・関根忠郎さんのトークイベントを開催!
今年の映画を一気に振り返る「映画忘年会」 下北沢で開催です!
映画ジャーナリスト・斉藤守彦さんの新刊、12月上旬発売! 80年代ラバーは特にぜひ!

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP