ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宝塚OG・REIJIN、アルバムダイジェスト映像の公開&ジャケ写付き先行シングル配信を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

元宝塚歌劇団男役トップスターたちによるカバーアルバム企画の第二弾として、7月1日にリリースされるCDアルバム「麗人REIJIN -Showa Era-」の詳細が明らかになった。

前作「麗人-REIJIN-」では全員が“男唄”を歌い、女性が男性の歌を歌う「逆転カバー」作品の中でも実に不思議な魅力をもっている異色篇として話題を集めたが、今作のコンセプトは何と女性だけによる紅白歌合戦。昨年100周年を迎えた宝塚の歴代トップスターが戦後70年を記念して、紅(女唄)・白(男唄)の衣装に分かれて、昭和の歌謡曲黄金時代の名曲に新たな息を吹き込んでいる。

参加する麗人は、杜けあき、涼風真世、高嶺ふぶき、稔 幸、えまおゆう、姿月あさと、湖月わたる、彩輝なお、春野寿美礼、貴城けい、蘭寿とむ、壮 一帆の12名。今回も全員が元男役トップのオールスターによる夢の競演が実現(涼風、彩輝、壮の3名は初参加)。

演奏には、昭和を代表するビッグバンドの名門、宮間利之とニューハードが全面参加。アレンジャー&指揮者の山木幸三郎やピアニストのテディ池谷など、レジェンド級のゲスト陣も加わり、まさに、昭和歌謡全盛時代を再現させたゴージャスなオーケストレーションで歌唱を支えている。

“男役を極めた女性”という特異な経歴を持つトップスターたち。その“男よりも男らしく、女よりも女らしい”歌唱は、一度聴いたら忘れられない魅力にあふれ、先週(6月2日に)、発売元のビクター公式サイトで30秒の楽曲試聴が開始されると、5日間で総試聴回数が2万回を軽く突破し、うち4曲がビクターホームページ試聴ランキングのトップ10にランクインするなど、前作に引き続き大きな注目を集めている。また、6月9日よりビクター公式YouTubeでアルバム全曲のダイジェスト試聴映像も公開された。

この究極のカバー作品をいち早く楽しんでもらうために、収録全12曲の<シングル配信>が、6月24日からスタートすることも決定。ハイレゾ含む各配信サイトにて、各麗人の<オリジナル・ジャケット写真付き>で販売される。

そして、CDの発売を記念して、7月22日渋谷公会堂で行われる一日限りのコンサートのチケットも発売中。昭和の時代に数々の音楽番組が公開生放送された伝説の公会堂で、ニューハード・スペシャル・ビッグバンドの演奏により開かれる必見必聴の歌謡ショー。会場は、今年限りでの閉館(建て替え)が決まっている。

「麗人REIJIN -Showa Era-」視聴ダイジェスト

リリース情報
アルバム「麗人 REIJIN -Showa Era-」
2015年7月1日(水)発売
VICL-64369 3,000円+税
収録曲(曲順は未定)
壮 一帆「黒い花びら」(オリジナル:水原 弘、1959年)
蘭寿とむ「瑠璃色の地球」(オリジナル:松田聖子、1986年)
貴城けい「いい日旅立ち」(オリジナル:山口百恵、1978年)
春野寿美礼「時に流れに身をまかせ」(オリジナル:テレサ・テン、1986年)
彩輝なお「人形の家」(オリジナル:弘田三枝子、1969年)
湖月わたる「勝手にしやがれ」(オリジナル:沢田研二、1977年)
姿月あさと「恋人よ」(オリジナル:五輪真弓、1980年)
えまおゆう「別れの朝」(オリジナル:ペドロ&カプリシャス、1971年)
稔 幸「恋人も濡れる街角」(オリジナル:中村雅俊、1982年)
高嶺ふぶき「夜来香[イエライシャン]」(オリジナル:山口淑子[李 香蘭]、1950年)
涼風真世「見上げてごらん夜の星を」(オリジナル:坂本 九、1963年)
杜けあき「恋」(オリジナル:松山千春、1980年)

コンサート情報
“麗人 REIJIN -Showa Era-”CD発売記念コンサート
2015年7月22日(水)渋谷公会堂
昼の部 13:30 開場 / 14:30 開演
夜の部 17:30 開場 / 18:30 開演
出演:杜けあき、高嶺ふぶき、稔 幸、えまおゆう、姿月あさと、湖月わたる、彩輝なお、貴城けい、蘭寿とむ、壮 一帆
(*注:涼風真世、春野寿美礼は、コンサートへの出演予定なし)
料金:S席 10,000円 / A席 8,500円
演奏:宮間利之とニューハード、他

関連リンク

「麗人 -REIJIN-」オフィシャルページhttp://jvcmusic.co.jp/reijin

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP