ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

警視庁が内偵中 元陸自ナンバー3にロシアへの情報漏洩疑惑

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国会では「自衛隊員のリスク」をめぐって安保法制関連法案の審議が紛糾している中、渦中の自衛隊内部の大問題を、2015年6月8日発売の「週刊ポスト」6月19日号が報じている。

 警視庁が極秘捜査を進めているのは、陸上自衛隊において幕僚長、副長に次ぐナンバー3と認識される「方面総監」にまで上りつめ、すでに退官したA氏が、在日ロシア大使館の国防武官として来日していたロシア人男性と接触したという事件だ。方面総監とは、5つある方面隊のひとつで自衛官数万人のトップに立つ人物。一方、ロシア大使館において国防武官は、ナンバー2の公使と同格の重要ポストとされる。

 公安関係者は、A氏がロシア人男性に自衛隊内で使用されている『教範』2冊を渡したという情報を掴んだことを明かしている。「教範」とは自衛隊内で使われるマニュアルのことで、国防の大方針から、作戦や武器の扱いに関することまで、テーマ別に分かれていて数百種類あるとされる。

 同誌は、真意を聞くため、A氏の自宅を複数回訪れたが、インターフォン越しに応対した家人が不在を告げるばかりだったと報告。また記事中では、防衛省や防衛省関係者などのコメントも紹介している。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
イラクで活躍「ヒゲの隊長」 震災後の自衛隊の活躍を報告
人命救助2万人、遺体収容1万体 自衛隊の災害派遣の実績
元防衛大臣・北澤俊美氏が震災時の自衛隊の働きを解説した書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP