ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コロッケのものまね 美顔効果があると女性から注目集まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 55才になった今も第一線で活躍を続けているコロッケ。ものまね一筋何十年、最近、注目され始めたのはものまねの意外な効果だった。コラムニストのペリー荻野さんが連載「ちゃんねる道中」で綴る。

 * * *
 ものまね界にも続々と新人が増えているが、やっぱり「すごい」と思えるのがベテラン陣。中でもコロッケのものまねが、美顔に効果があると評判だ。

 なにしろ口角の上げ下げだけで、軽く5センチは動く柔軟な表情筋の持ち主。本人いわく「年間1000回以上は動かしているのでエクササイズはバッチリ」で、55歳にしては首のしわがほとんどない。私も何度かご本人にインタビューしたことがあったが、確かに首も含めて、全体にしわがなく、頬はふっくら、眉毛もくっきり。画面で見る以上に顔全体に立体感があるのだ。その立体感は「彫りが深い顔」というのとは微妙に違うのがミソ。おそらく、顔の筋肉を日々鍛えたことによる「表情筋マッチョ」なのだと思う。
 
 コロッケは昨年、長年の経験をまとめた『ものまね表情筋エステ』(双葉社)という本を出版。その効果が若い女性にも注目され、女性ファッション雑誌でも紹介されている。「ひょっとこ田中邦衛顔」などとイラスト入りで解説されていたが、お洒落なファッション誌にひょっとこ田中邦衛が登場するとは。すごい時代である。

 先日はフジテレビ『ノンストップ!』でもコロッケ本人がビデオ出演でものまね美顔のコツを伝授していた。それによれば、「首しわやたれ目に効く岩崎宏美顔」は「アゴを前に出して笑顔になり、目を上に向ける」「ここで五秒キープ」など、本格的なエクササイズである。

 さっそく番組出演者の設楽統や西川史子、千原せいじらが岩崎宏美顔や「顔のたるみ、二重あご防止には五木ひろし顔」「ほうれい線予防には北島三郎顔」など挑戦。どう見ても「酸っぱい顔」「困った顔」にしか見えないが「思った以上に力がいる」「面白がりながらできる」と好評だった。続ければ「55歳にして四十代前半」と言われるコロッケの顔にきっと近づけることだろう。しかし、よく考えたら、ものまねをされている田中邦衛本人にはかなりしわがあったはず。力を込めてしわを作って田中邦衛に近づきながら、しわを消す。これがものまねエクササイズの極意なのか。なかなか奥が深い。

 そこで思い出したのが、コロッケが300以上あるというものまねの中から、厳選された10作品を披露する番組の中で、突如としてスタジオに登場したのが岩崎宏美。ちょうど「岩崎宏美早送り」のネタで、超高速の『シンデレラハネムーン』をものまねしていた最中だった。コロッケのものまねのおかげで岩崎本人は「絶対歌わない」とこの曲を封印したという。

 スタジオには緊迫感が。そんな中、岩崎は厳しい顔で「これ(早送り)はないよね!」とぴしりと一言。しかし、コロッケのものまねは「悔しいけど似てると思った」「でも、私はこんなにアゴをあげてない」「反面教師としてアゴをあげないようにしている」ときっぱり言い切ったのだった。反面教師って。さすがデビュー40周年の歌姫である。いやいや、アゴは上げたほうがしわにはいいんですよ!とご本人にコロッケが言える日は…たぶん永遠に来ない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
武田鉄矢 ものまねに「悪意丸出しじゃなければ大目に見る」
コロッケ 母親を尊敬するあまり「TVの内容は嘘」と思いこむ
料理雑誌元編集長が「絶対頼む」というバカリャウのコロッケ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。