体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「未来のテーブル」は、食材を置くだけでレシピを表示!しかも、加熱機能付き

85singo_Concept-Kitchen-2025-IDEO-Ikea_dezeen_04_644

未来のテーブルはきっとこうなる!そう確信させてくれるコンセプトデザインをスウェーデンのルンド大学とアイントホーフェン工科大学の学生が、デザインコンサルタント会社のIDEOと共同でデザインしました。

料理に必要な手順や調味料の量など、テーブルに置かれた食器や食材に反応して、天板に表示してくれちゃいます。

仕組みは意外と簡単。テーブルの真上に、プロジェクターとカメラが設置されており、置かれたものの色や形を認識、その食材をどうするべきか、テーブルの上に表示して誘導してくれます。

85singo_スクリーンショット 2015-06-08 22.43.58

組み合わせると、どんな料理がつくれるのか教えてくれたり。

85singo_スクリーンショット 2015-06-08 22.45.04

どれだけの量が完成するのかを予測してくれます。

85singo_スクリーンショット 2015-06-08 22.45.24

指示に従って所定の位置に断熱パンを配置すると、そこで食材を加熱することも可能です。もうコンロとテーブルを分けなくてもいいって凄い!さらに、フライパンの上に残り時間を表示してくれるガイド機能も便利そう。

85singo_スクリーンショット 2015-06-08 22.46.26 85singo_スクリーンショット 2015-06-08 22.46.33 85singo_スクリーンショット 2015-06-08 22.46.55
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。