ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性が「二度と会いたくない!」と思う男性の特徴15

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ひとたび恋の歯車がズレはじめたら、相手の嫌な面が次から次へと頭に浮かんでくる。心ない言葉だって平気で口をつくようになるんだから、ほんと恋の終わりはいつだって残酷です。

Elite Daily」でLiz Rae氏が描いた男性も、別れを決定付けるのに十分過ぎるNG要素が満載。こんな男性の元からは、すぐに離れたくなるもの当然ですね。

長い間、あなたに思わせぶりな態度を見せてきたのは、私も悪いと思っています。でも、これ以上自分に嘘を突き通せない。ちょっと厳しい言い方をするようだけど、「本当にこれっきりにして欲しい」。そう思っているからこそ、最後はきちんと伝えます。それがきっと、あなたのためでもあると思うから。

信じてもらうことは難しいかもしれないけど、あなたに出会う前に付き合ってきた過去の男たちのように、あなたと一緒にいられないのにはこれだけの理由があるんです。

01.
日々の生活に
ドラマを感じられない

人生のどこに焦点を置いていて、どんなことに熱中しているのか、二人が一緒にいることでワクワクできるような瞬間を感じることができなければ、どうやったって関係は長続きできません。代わり映えのしない毎日にどかで変化をつけるとか、サプライズを忘れないでいてくれるとか、ちょっとした努力に女性は「愛されている」ことを実感できるのに。工夫がないのは愛がないのと同じこと。

02.
「最近どう?」だけの
メールを送ってくる

自分から話題を振っているつもりだと思ったら大間違い。とにく話題がないから、こっちから引き出して膨らましたいという魂胆が見え見えです。自分から話のネタのひとつも触れないような男性とは、長くいる意味を感じ得ません。

03.
会話を膨らませる
方法を知らない

女性の方が話し好きなのは分かるけど、会話が長続きしない男性も困りもの。話のなかから何か引っかかるポイントを拾ってくれて膨らましてくれるならまだしも、黙って聞いているだけなんて。ただの沈黙って、女性にとったらすっごく不快だと思って下さい!だからって、仕事のグチに付き合わされるのも女性はイヤ。勝手だけど、少しでも興味を共有できる内容にしてね。

04.
たくさん飲ませて
酔わせようとしてくる

お酒を飲む場が嫌いな訳ではないんです。だけど、お酒の力を借りて何かしようとか、自信を得ようというのが、女性からしたら困るんです。もっとお酒の場でのうんちくを増やすとか、女性を酔わすことに集中しないで、女性を喜ばすことにフォーカスして欲しい。お酒の席で、どういう気使いをしてくれると女の子は嬉しいとか、もっと勉強してください。

05.
パーティーで
輪の中に入れない

結婚式の二次会でも、イベントの場でも、好きじゃなかったとしても周りと合わせる努力ができるはず。ただ飲むだけが参加するってことではありません。人と会話を合わせていくなかで共通項を見出していくものなのに、どうしてそれを理解しようとしないの?これでは、一緒にいる女性すらも周囲に疎外感を与えているということに、気づくべきです。

06.
話の内容に
整合性がない

短絡的に物ごとを考えているから、すべてが支離滅裂。その場しのぎに映るのは、あなたにとっても損なはずなんです。

07.
外の世界を知らず
視野が狭すぎる

なにも海外に出ることだけが世界を知る方法ではありません。世の中を旅することは、自分をより深く知り得るチャンスなのに。そのことに気づいていないから、自分の中だけの小さな社会だけで物ごとを解決しようとしてしまう。自分の気持ちを知らずして、どうやって他人の心に寄り添えるんですか。

08.
PCに弱く
手先も不器用な人

メカニックみたいにあれもこれも修理して欲しいとまでは思わないけれど…。男性だったら、ある程度のスキルがあっていいと、勝手に思い込むのが女性なんです。テレビ裏の配線をスムーズにつなぎ直したり、フリーソフトをダウンロードしてきたり。それも気づかないうちにパッとやっちゃった感、そこに女性は尊敬できるものなのに。

09.
Facebookのタイムラインが
数日間動きなし

友達の数も幅も少ぎるのは、あなたの魅力の現れですね。べつに100人いるからナンダって話ですけど。間違いなく友人を呼び込まない性格なのが分かります。きっと自分の生活エリアを飛び越えることに、必要以上の抵抗感を感じているんじゃないでしょうか。

10.
店員さんに対して
やたらと上目線

普段は自信なさそうにしているくせに、お店に入ると急に強気。あなたが喋ることはいつも何かに対する文句ばかり。まるで店員さんのあら探しをするかのようなその態度は、見ているこちらまでイライラさせるだけ。誰に対しても感謝できる心、そんなに難しい心がけじゃないと思うんだけどな。

11.
「どうせ、結局、だって」
すべてを否定から入る

「どうせ」「結局」「だって」いつでもどこでも、こんな接続詞が頭につけていては、女性を悲しくさせるだけ。できるできないを聞いているんじゃないの。やる気があるのかないのか、そっちの方がよっぽど知りたい。

12.
ワクワクするような
夢を語れない

たとえそれが現実的じゃなくたって、男性なら「これだけは譲れない」ものがあったり、他人がバカにするようなことでも、本気で信じている可能性があるものでしょ。べつにそれがお金だって構わないけど。そういう野心をひとつも感じ取れないって、どういうこと?

13.
自分の弱さを
理解していない

自分の痛みを知らずして、どうして人に優しく接することができるでしょうか。優しさは才能です。それを持ち合わせない人は自分の弱さに気づいいないか、目を背けてばかりの人。いくら優しい言葉をかけたところで、その本質を知らずにいては、ただ虚しく聞こえるだけ。自分の弱点を理解している一人の言葉には、それだけの重みがあるものです。

14.
「何食べたい?」の答えに
「なんでもいい」と返す

料理にうるさいのも気難しいものですが、少しくらい自分の主張は持っていて欲しいものです。女性が尋ねた、この問いかけに「何でもいい」と答えてしまう男性のみなさん、要注意です。これって女性がもっとも聞きたくない言葉のひとつ。あなたに任せるという意味かも知れませんが、捉え方によっては「なんだって同じ」って、興味がないように聞こえてしまうから。

15.
付き合ったらそれで満足?

付き合っているのに、相手のことを理解しようとしない関係に進展なんてあり得ません。まるで付き合ったところがゴールのような考え方は、女性を傷つける大きな誤解です。自分を知ってもらうこと、相手をもっと知っていくこと、そうして関係を深めていく以外に、どんな最善な道がありますか?心を重ね合わせて二人の時計の針を進めていく、そこがスタートラインでなきゃ。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

人気女性ライターが断言。「美女」と「いい女」の決定的な違いとは?
結婚を踏みとどまった友人へ送った「親友からのアドバイス」が心に響く・・・
別れた恋人とは、友だちでいない方が幸せになれる「6つの理由」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP