ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水郷赤鶏を使用した、濃厚で後味さわやかな親子丼「水郷赤鳥親子丼」を堪能!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月2日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後3時50分)では、「人気下町おいしい新常識 焼き鳥店の絶品スイーツ!?」と題して、リポーターのアラン・ロアさん、サヘル・ローズさんが「鶏はな」(東京都文京区)を訪れた。

 地下鉄根津駅から徒歩7分ほどにある同店は、東京軍鶏や玉子にこだわった焼き鳥店だ。4種類の焼き鳥が楽しめる「焼鶏丼」や、東京軍鶏のスープを掛けて楽しむ「鶏はな鶏飯」など、様々なメニューが楽しめる。 中でも一番人気のトロトロの親子丼「水郷赤鶏親子丼」は、千葉県産水郷赤鶏を備長炭で炙り、濃厚な味が特徴のこだわり玉子を3個ほど使用した同店の自信作だ。

「水郷赤鶏親子丼」を口に運んだサヘルさんは「すごく濃厚なのに、後味がとても爽やかでさっぱりとしていて、本当においしい」と称賛した。

■話題のお店に追加取材■
 お昼に食べられる親子丼は全4種。「水郷赤鶏親子丼」(1,050円 税込み)には岩手県産、「東京軍鶏そぼろ親子丼」(1250円 税込み)と「東京軍鶏親子丼」(1450円 税込み)には茨城県産、「東京軍鶏とフォアグラ親子丼」(1850円 税込み)には兵庫県産と、玉子の原産が違う。「それぞれのメニューに合った玉子を使用している」というこだわりのあらわれだ。

 奄美大島の郷土料理を同店流にアレンジした「鶏はな鶏飯」(1050円 税込み)は、ご飯の上にそぼろ・炒り玉子・塩昆布・ネギなどを載せ、軍鶏のスープをかけて食べる。こちらも人気のお昼のメニューだ。

 夜はコース料理のみを提供。軍鶏専門店だからこそ食べられる美味しい料理ばかりで、接待客や地元に住む人、軍鶏目当てに遠くから来た人など、幅広い層に利用されている。「はなコース」「軍鶏鍋コース」「すき焼きコース」は予約が必要。

 最近開発された新デザート「東京玉子の輝きプリン」は瞬く間に人気となり看板メニューに。濃厚なのに後味さっぱり、食後の締めやテイクアウトで頼む人が続出しているという。全国各地の話題のプリンを店主が片っ端から取り寄せ、研究に研究を重ねて完成させた。玉子のことを熟知している同店だからこそ実現できたこだわりの一品、訪れた際にはぜひ注文しよう。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:鶏はな (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:根津のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:根津×居酒屋のお店一覧
甲州名物ほうとうを使った郷土料理、冷たい麺を暖かいつけ汁で楽しむ「おざら」!
船山久美子も思わず「うまっきー!」と叫ぶ。 新鮮な14種類の魚介が楽しめる丼!

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。