ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本では梅雨は運気を落としやすいタイミングだと風水専門家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 水のよどみや湿気を防ぐことで、運気の停滞を避けることができると語るのは、ユミリーこと風水建築デザイナーの直居由美里さん。今回は、梅雨と風水の関係に関して教えてもらいました。

 * * *
 風水は読んで字のごとく、風と水を重視します。人類の歴史をひもとくと、古代四大文明(メソポタミア、エジプト、インダス、中国)はすべて大河のほとりで生まれたことがわかります。

 この時代の物流の中心は河川を行き交う船でしたから、農作物の運搬に便利な川のほとりの立地を押さえた人が財を成しました。そして、中国の伝統的な風水では、水を使って財運を高める方法が工夫されてきました。

 しかし、すべての水が開運につながるわけではありません。よどんだ水は財運に大きくマイナスで、家運が大きく傾いていきます。

 日本は島国で湿気の多い国です。気候風土の異なる中国の風水をそのまま使うわけにはいきません。中国大陸で梅雨があるのは南部の一部の地域だけで、国土の半分近くは乾燥地帯です。

 日本の農業にとって、梅雨は水を蓄える大切な時期ですが、日常生活では湿気やカビが生じやすく過ごしにくい季節です。そして、中国の風水では雨の多い季節に特別の注意はありませんが、日本では梅雨は運気を落としやすい危険なタイミングです。

 まず気をつけたいのは、キッチンの衛生管理。生ゴミをシンクの三角コーナーに捨てている家庭が多いのですが、ゴミを放置すると、臭気が家中に拡散してしまいます。調理が終わったら、その都度、蓋付きのゴミ箱に捨てるようにしましょう。シンクの水滴は陰の気を生じるので、濡れたままにせずにこまめに拭き取ってください。

 キッチンと並んで梅雨の湿気が気になるのが浴室。バスマットは必ず敷いて、足元の水滴を落とすようにしましょう。入浴は一日の厄を洗い流し、明日への開運へとつなげる大事な習慣です。足元に陰の気が溜まると、物事が思い通りに進まないことが多くなります。バスマットは自然素材のものにして、梅雨シーズンはこまめに洗濯して乾燥を。雑菌だらけのバスマットでは、逆効果です。

 バスルームの湿気はカビやにおいの原因になります。換気扇を長めに回したり、水滴を拭き取って湿気がこもらないようにしましょう。

※女性セブン2015年6月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
風呂の残り湯を溜めるのは風水的に凶 家中に邪気を拡散する
梅雨時は「傘」で金運アップ 折りたたみ傘、ビニール傘はNG
植えれば家が発展 風水的におめでたい「陽木」の代表は松竹梅

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP