ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JASRAC、著作権の手続せずBGMを利用する全国258施設(171事業者)を一斉に法的措置

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月9日、JASRACはBGMを利用していながら音楽著作権の手続きが済んでいない全国の171事業者、258施設(美容室、理容店、アパレル店、飲食店他)に対し、民事調停を全国の簡易裁判所に申し立てた。

全国各地に所在するJASRACの15支部が一斉に法的措置を行うのは初めて。BGMを流す施設の著作権管理を開始した2002年当時は、ほとんどの施設が業務用BGMを利用していた。業務用BGMの場合、音源を提供している日本BGM協会及び全国有線音楽放送協会加盟社などが施設に代わってJASRACに著作権の手続きを行っていたことから、適法に利用されていた。

ところが、ここ数年、BGMの音源が多様化(市販のCD、携帯音楽プレーヤー、パソコン、インターネットラジオ等)してきたため、こうしたBGMの利用については、利用する施設ごとに個別に著作権の手続きを行う必要がある。この手続きがいまだに行われていない施設が多く存在している。

今回は、そのBGMの著作権管理について、繰り返しの催告にもかかわらず、手続きに応じない施設に対し民事調停の申立てを行ったもの。

関連リンク

日本音楽著作権協会(JASRAC)http://www.jasrac.or.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP