体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なんか違和感ある……と思わせない、サングラスのかけかたのコツ

140603sunglass1.jpg
アウトドアシーンや海で大活躍なサングラス。最近では街でかけている女子も急増中です。
サングラスは、おしゃれに見せるのもそうですが、じつは太陽の光から目を守ってくれるのにとっても有効なアイテム。
ただ、サングラスをかけて「なんか違和感あるな……」と思って、つい、やめてしまう人も多いのでは? その違和感は、こんなふうに調整するといいのかも!

遊びサングラスはレッドリップで極める♡

 
Misaki*さん(@misaking0202)が投稿した写真 – 2015 6月 4 6:54午前 PDT

 
遊びゴゴロあるデザインのものは、メイクもしっかりめにするのがサングラスが浮かないコツ。
今流行りのレッドリップやピンクリップを取りいれて、サングラスのテイストとメイクを合わせてしまいましょう。 

小顔効果アリの大きめサングラスは、「テンプル」を細めに

nayoさん(@werinayo)が投稿した写真 – 2015 6月 3 11:33午後 PDT

 
小顔効果も狙えて大人っぽい印象もグッドな大きめサングラス。ちょっと大きすぎない? なんてことを防ぐために、作りがきゃしゃなデザインをセレクトしましょう。
具体的には「テンプル」と呼ばれる、サングラスの耳にかける部分が細めのきゃしゃなものを選ぶといいでしょう。

ゴールドのフチとアクセは華奢なものをセレクト

Kaorucoさん(@kaco_co)が投稿した写真 – 2015 6月 3 6:42午後 PDT

 大人っぽさとちょいワルな感じが、魅力的ガールを演出してくれるフチありデザイン。
ゴールドのフチに合わせて、きゃしゃなゴールドアクセを合わせると、サングラスだけ浮いてしまうことなく、統一感を簡単に出すことができますよ。
サングラスはなんか苦手…と思う人は、いろいろなサングラスを試着してみることが大切。なんか似合わなそう…と思うものでも、かけてみると意外にしっくり、なんてことも。
気に入ったデザインが見つかったら、メイクやアクセでなじみのよさを調整することも大事です。
Pretty hipster girl in sunglasses image via shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
誰ともカブらない「振り返られる」カゴバッグが欲しい♡
天候が変わりやすいフェスでは、こんなシューズが使えそう
小物で即「ボヘ見せ」。 フェスファッションに使えるアイテムって

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy