ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フレキシブルで曲げられる、しかもリサイクル可能なオーガニック製ソーラーパネルがスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

注目が集まるクリーンエネルギー。中でも、ソーラーパネルは身近な技術になってきているが、発電効率や使い勝手のさらなる向上が期待されている。

・フレキシブルなオーガニックソーラーパネル

フィンランドにあるVTT Technical Centreの研究チームでは、フレキシブルで、かつ有機物からつくられたリサイクル可能なソーラーパネルを開発している。

この“オーガニックソーラーパネル(OPV、有機機薄膜太陽電池)”は、なんと100メートルのフィルム層をわずか1分以内で生産でき、大量生産が可能だ。

・薄さはわずか0.2mm

薄いプラスチック箔からなるフィルムは、0.2ミリメートルという薄さにも関わらず、内部には光を集めるために必要な電極やポリマー機構が内包されている。

研究チームでは、葉っぱの形をしている太陽光電池を含んだソーラーパネルをプリント。およそ200のリーフパーツからなる1平方メートルのソーラーパネルで、3.2アンペアの電流量、10.4ワットの電力を発生するという。

・さらなる発電効率を目指し、新素材も視野に

確かに、まだまだ少ない発電量ではあるものの、ペロブスカイトのような新しい素材を活用して、さらなる発電効率の向上も検討していく意向だ。

・屋内でも利用できる

ちなみに、屋内でも発電機能は動作するという。ある程度曲げることができるため、窓や壁、家具、機械など、さまざまな物体の表面に取り付けられるので便利。小さい電力で動作する小型デバイスやセンサーなどにも活用できそうだ。

・デザイン性あり、しかもリサイクル可能

さらに、“リーフ型”のような、ちょっとオシャレなデザインプリントが可能なので、一見しただけではソーラーパネルとはわからず、インテリアの邪魔をしないのも美点。

ただ何といっても、この特殊パネルのもっとも大きなメリットは、使用後にリサイクルできることだろう。“持続可能な社会”の実現に、一役買ってくれそうである。

VTT

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP