ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アーノルド・シュワルツェネッガー来日決定、六本木が『ターミネーター』一色に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の日本公開に先駆け、主演のT-800ターミネーターを演じるアーノルド・シュワルツェネッガーが来日することが決定した。

 『ターミネーター』は、これまでのシリーズを通して全世界累計興行収入約1680億円以上、日本でも累計興行収入220億円を超える驚異的な記録を持つ。7月11日に日本で公開される最新作では、テーマの“新起動”にあたり、シリーズの生みの親であるジェームズ・キャメロンが、サイボーグのはずのT-800に年を取らせ、若いT-800と対決するという斬新なアイデアを与えたことから、アーノルド・シュワルツェネッガーの再登場に至った。これに対し本人は「この映画に参加できてとても嬉しいよ。映画化権を手に入れたと聞いた時、「とうとう新作を作るんだな! 俺もやっと再登板できるぞ!」と思ったよ」と喜びを語った。

 公開日直前の7月6日、シュワルツェネッガーはヒロインのサラ・コナーを演じるエミリア・クラークと共に来日し、六本木ヒルズ・アリーナで開催される本作のジャパン・プレミアに登壇する予定だ。エミリア・クラークは、海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で大ブレイクし、2013年のエミー賞助演女優賞にノミネートされ、映画評論サイトTC Candlerでは「世界で最も美しい顔ベスト100」第一位に選出もされており、さらに今回サラ・コナー役への抜擢と、注目を集めていることがうかがえる。ジャパン・プレミア当日は、5月25日の「ターミネーターの日」に新宿で披露され大人気を博した3mの巨大シュワ型ターミネーターが再び出現し、観客全員がターミネーターに扮する演出で二人を出迎える計画が進行している。なおこの日は、TOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台挨拶付きプレミア上映会も実施され、六本木がターミネーター一色になる。

 ◎公開情報 『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
2015年7月11日(土)全国ロードショー
監督:アラン・テイラー
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、エミリア・クラーク、ジェイソン・クラーク、ジェイ・コートニー、イ・ビョンホン、J・Kシモンズ
(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

米ビルボードNo.1シングル満載!レオナ・ルイス映画初出演作となるミュージカル・コメディ『踊るアイラブユー♪』が7月に公開
【『ピッチ・パーフェクト』ボーカル選手権】開催、音楽アプリとのコラボ企画第1弾
マイア・ミッチェル来日決定、ディズニー・チャンネル『ティーン・ビーチ2』日本初放送 

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。