ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

卒業パーティー用の貯金で大人買いする女子高生。その理由に誰もが応援したくなる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イリノイ州シカゴに住む女子高校生Ashley Yong氏。高校の卒業パーティー用に貯金しておいたお金を使って、大量の食料品や衣類をCostcoやAmazonでお買い物。いったいこの量、何に使うつもりでしょう。

テーブルの上にずらりと並んだ食料品をそれぞれ1セットごとに箱詰めしてきます。これだけでもかなりの労力。

大量の段ボールを車に載せて、彼女が向かった先は…。路上で生活するホームレスたちのもと。ひとり一人に段ボールを手渡していきます。

お小遣いをはたいて彼女が行ったのは、地元シカゴのホームレスたちへ自主的にギフトを届ける社会貢献活動でした。
ティーンエイジャーの発想なら、卒業パーティーに参加する方が興奮するに決まっている?でも、彼女が言うには「エキサイティングに感じるのはこっちの方だった」そうです。

ところで、Ashley氏が積めた段ボール、その気になる中身はというと…、これまたティーンならではの心配りが。

まずは、ポップコーン。

続いてパックジュース。

こちらは栄養たっぷりのシリアルバー。

バンドエイドや歯ブラシも、忘れてはいません。

最後にTシャツと靴下も入れます。

費用合計、$215ドル(約2万7,000円)。1箱あたりおよそ$10ドル(約1,300円)分の段ボールキットが20個完成しました。

これを、ただ1度で終わらせまいとしたのがAshley氏の素晴らしいところ。クラウドファンディングサイトGofoundmeで寄付を募り、すでに目標額の$200ドル(約2万5000円)を大幅に上回る、$5,985ドル(約75万円)が集まりました。

彼女の動画に共感し、出資を決めた賛同者たちからは、こんなコメントが寄せられています。

「素晴らしいわAshley。もしよかったら私の会社からオーガニックの石鹸を送ってもいいかしら?」

「こんな素晴らしい動画を見たことないよ!思わず笑顔になったよ。きっと多くの人の心を刺激したでしょう!」

「Ashley、あなたは本当にスゴイ人。あなたのような人が世界にはもっと必要よ。ぜひ、この活動を続けて欲しいわ」

Licensed material used with permission by Ashley Yong

関連記事リンク(外部サイト)

年間約52万個をホームレスへ!サンドイッチマンの人生哲学が心を打つ
映画館で配られた「飲めない」ミネラルウォーター。その深いメッセージとは・・・
【旅する医師団】最新機器を搭載した巨大船が、先住民族の医療を支えている。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。