ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「疲れた自慢」はNG! 男のお疲れ白書

DATE:
  • ガジェット通信を≫


多忙な毎日を送るビジネスマン。当然、疲れを感じるシーンは日常の中に多々ある上に、忙しいのは周りも同じなはず。にもかかわらず「自分が一番ツラい気がする…」なんて思ってしまうのは、自分が自分に甘いってこと…? そこでビジネスマンたちのお疲れ事情をアンケート調査。やっぱり疲れてるのは自分だけじゃないようで…。

●やっぱり疲れる…なのにその対策はいい加減!?

【もっと大きな画像や図表を見る】

「いや~、オレ、いつも忙しいから疲れたわ~」なんて“疲れた自慢”をするビジネスマンって、なんだかカッコ悪い気も…。それゆえ自分も周囲もあまり口には出さないけれど、実際のところは疲れを感じることは多いのでは? そこで、みんなのお疲れ事情をアンケート調査(※)してみた。

まずはズバリ、日常生活の中で、どれくらいの頻度で疲れを感じることがあるか? を聞いてみたところ、結果は以下の通り。

●ほぼ毎日感じる…42.0%
●2~3日に1度は感じる…27.0%
●1週間に1度は感じる…15.0%
●2~3週間に1度は感じる…3.0%
●1カ月に1度くらいは感じる…3.0%
●ほとんど感じることがない…10.0%

「ほとんど疲れを感じることがない」という羨ましい(もしくは超タフな)ビジネスマンはわずか1割。そしてなにより驚きは「毎日疲れを感じている」というビジネスマンが多いことだ。「オレ、疲れたわ~」(ドヤ顔)なんて自慢できるうちはまだまだ甘いのかも…。

では、みんなが特に疲れを感じるのはどんな時なのだろう。聞いてみたところ…(上の質問で「疲れを感じる」と回答した90%のビジネスマンたちに調査/複数回答)。

●朝起きた時…60.0%
●帰宅中…42.2%
●オフィスでの作業中…31.1%
●就寝時…27.8%
●残業中…23.3%

となった。日中はバタバタしていて疲れを感じているヒマもない…ということなのか、疲れを感じるタイミングは朝と夜に集中していることがわかる。

このように、やはり多くのビジネスマンたちが日々疲れていることはわかった。ではみんなは、そんな大敵である「疲れ」にどんな対策をとっているのだろうか? 具体的な方法を聞いてみたところ(複数回答)、以下のような結果に。

●しっかり睡眠を取る…46.7%
●栄養ドリンクを飲む…30.0%
●お風呂にゆっくり入る…25.6%
●マッサージをする…25.6%
●エナジードリンクを飲む…22.2%
●何もしない…22.1%
●あえて運動をする…14.4%

睡眠や栄養ドリンクなど、みんないろいろと対策はしているようだ。だが、バッチリと適切な対策ができているかというと、そうでもないようで…

Q. カラダが疲れるメカニズムや回復に効果のある栄養素について、考えたり調べたりしたことはある?
●調べたことがないので、把握していない…62.0%
●調べたことがあるが、よく把握していない…21.0%
●調べたことがあり、把握している…17.0%

という調査結果も。そう、多くは「なんとな~く疲れの対策をしている」というのが現状のようなのだ。毎日疲れを感じる人も多い深刻な悩みである上に、あれこれじっくり対策を試してみる時間のゆとりもないだけに、「何がどう疲れに効くのか」をしっかり把握し、効率の良い対策をとることが必要なのかもしれない。そこで、今すぐ手軽にできるものをご紹介しよう。

それは、アンケートでも対策法の第2位に挙がった「栄養ドリンク」だ。頻繁に利用している人は多いかもしれないが、正直なところ、その成分や効能・効果までしっかりと見極めて購入している人は少ないのでは? たとえばおなじみの栄養ドリンク「アリナミンV」をチェックしてみると、「指定医薬部外品」ということでもあり、ビンのラベルには肉体疲労時の栄養補給や滋養強壮になど、その効能が明記されている。さらには「フルスルチアミン」なる成分がポイントのよう。実は、ボクらのカラダのエネルギー源となる糖質の代謝には「ビタミンB1」が深く関与する。でも、ビタミンB1は一度にカラダに吸収できる量に限りがあり、蓄積されないため、どうしても現代人は不足しがち。そこでビタミンB1をカラダに吸収されやすいカタチにしたのが、ビタミンB1誘導体「フルスルチアミン」なのだ。

このように、あらためて調べてみると「なるほど~」なことが多い栄養ドリンク。さあ、今すぐ、自分に合ったものを上手にとり入れてみよう!

※ 全国の25~34歳の男性会社員100人へのインターネットアンケート調査結果(2015年5月実施/web R25調べ)
(R25編集部)

「疲れた自慢」はNG! 男のお疲れ白書はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

雄が産む?驚異のイクメン動物6選
「妻が出産したら」夫の心得3カ条
「年収300万で子育て」は無理?
サイボウズ社長「育休は宣伝目的」
平野啓一郎「親の愛を疑っていた」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。