ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

釈由美子が交際男性との結婚を検討 信頼する占い師も太鼓判

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 釈由美子(36)のはじけっぷりが凄い。5月14日放送のバラエティ番組『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)に出演した釈は趣味の登山に実の妹とともに挑戦。山梨県の三ツ峠に登頂すると、眼前の富士山を見て「細胞1個1個に富士山のパワーが充電される」といい、「富士様~! 富士様~!」と絶叫。MCの有吉弘行も「ヤバイ人だな」と苦笑いするほどだった。
 
 この放送の前日、釈は自身のブログで、〈今まで見せたことない、吹っ切れた幸せな顔をお見せしている貴重な番組〉と告知していた。突然、テレビで見せたハイテンションと、〈幸せな顔〉の理由を釈の知人が明かす。
 
「実は彼女、今年に入って交際をスタートさせた男性と、真剣に結婚を考えているんです。信頼している占い師にも相談していて、相性は今まで付き合った人の中で一番とか。入籍時期は7月がいいとまでいってるようです。あまりに急ですが、電撃結婚の可能性もあるんじゃないかな」
 
 スピード婚説には苦い思い出も関係しているようだ。釈は5年ほど前に約1年間同棲して婚約までした男性と、入籍1か月前に破局している。堂々と結婚前提の交際宣言をし、結婚式場まで予約していた中での破談は当時、大きな話題となった。
 
 ワイドショーなどに追われた男性が疲弊し、「女優をやめてほしい」と言い出し、それを釈が断わったことが破局の原因だったと、後に釈自身がテレビ番組で説明している。今度は芸能マスコミに追われる前に早めに決断したということなのか。
 
 冒頭の番組にも出演していたエステ店を経営する妹に聞くと、「プライベートなことはお答えしていませんが、結婚については何も聞いていません」と驚いていた。所属事務所の社長はこういう。
 
「彼女は彼氏について“内緒です”と教えてくれないので詳細はわかりません。いい大人ですから年齢的にも結婚してもおかしくないですが、さすがに7月はないでしょう」
 
 釈は6月12日に37歳の誕生日を迎える。そのタイミングでプロポーズなんてこともありえるかも。

※週刊ポスト2015年6月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
京都夫毒殺事件の容疑者の手口の酷似の直木賞作家の小説存在
様々なスキルアップを求める「自己啓発」に一石を投じる書
半沢直樹の後継番組が成功しない理由などTVの裏側読み解く本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP