ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スピーカー機能も搭載した音楽アプリ「SoundSeeder」がGoogle Playミュージックをサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

複数の Android 端末でスピーカーシステムを構築できる「SoundSeeder Music Player / Speaker」が v1.4 にアップデートされ、Google Play ミュージックをサポートしました。アプリではこれまで、保存済みの音楽、LAN 上の音楽(DLNA サーバなど)、別の Android 端末の音楽、インターネットラジオの番組を再生可能でしたが、音楽ソースに利用者も多い Google Play ミュージックが加わりました。SoundSeeder は音楽プレイヤーアプリとしては珍しく、アプリをインストールした端末自体をワイヤレススピーカーとして起動させる特徴を持っています。Google Play ミュージックの音楽も別の Android 端末にストリーミング可能です。Google Play ミュージックの利用方法は、画面右上の音符アイコンをタップし、「URL」を選択します。そして、持っている Google アカウントでログインすると、アルバムやプレイリスト、アーティスト名が表示されるので、後は視聴したいものを選択するだけです。「SoundSeeder」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z4 SO-03Gの価格は一括93,312円
「Meizu MX5 Pro」は6インチWQHDディスプレイやExynos 7420を搭載?
米国でLG G Flex 2のAndroid 5.1.1アップデートが開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP