ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大河『花燃ゆ』 出演者華やかだが「史実と違い過ぎ」の声も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 吉田松陰の妹・文(ふみ)を主演の井上真央が演じ、その周りをイケメン俳優で固めたNHK大河ドラマ『花燃ゆ』。キャスティングは確かに華やかだが、ストーリーには「史実と違いすぎる」との批判が絶えない。

 4月12日放送の第15話『塾を守れ!』は、吉田松陰(伊勢谷友介)が老中暗殺を計画した罪で安政6年(1859年)の元旦を長州藩の野山獄(現・山口県萩市)で迎えるところから始まる。

 獄中でなお老中暗殺を諦めない松陰は、文の最初の夫で江戸にいる久坂玄瑞(東出昌大)に計画に賛同するよう手紙を書くが、久坂と高杉晋作(高良健吾)から計画に反対する血判状が返ってくる。松陰は激怒し、絶交を宣言する。郷土史家はこのシーンの不可解さを指摘する。

「血判状は桂小五郎が江戸から萩に帰る際に、久坂、高杉から預かり、松陰に渡したとされている。ところが、ドラマでは桂小五郎が登場しないのです。血判状は巻物になり、現在は宮内庁書陵部に『木戸家文書』として所蔵されています。松陰が血判状を突き返したから、木戸家(桂小五郎は維新後に木戸孝允に改名)に残ったのです」

 血判状を運んだ桂小五郎は、薩摩の西郷隆盛、大久保利通と並んで維新三傑に数えられる長州の大物で、ドラマでは東山紀之というビッグネームがキャスティングされている。にもかかわらず、伊勢谷演じる松陰に血判状を手渡すシーンに東山は登場しない。

 そもそも松陰と桂は親友とされ、松陰自身も血判状の件に関する書簡で、「桂は僕の無二の同志友なれど」と書き残している。

 29歳で刑死する松陰は、長丁場の大河ドラマの重要人物として取り上げるにはエピソードに乏しい。それだけに門弟や同志からの絶縁状に等しい血判状を親友の桂が届けるというエピソードは大きなヤマ場になりそうなものだが、桂が登場しないばかりに、あっさりと流されている。

 この場面に限らず、『花燃ゆ』では不思議なほど松陰と桂は“共演”しない。その代わりに登場するのが後に文の再婚相手となる小田村伊之助(大沢たかお)である。史実では桂がしたことを、ドラマでは小田村にやらせているのだ。

 第17話『松陰、最後の言葉』(4月26日放送)では、斬首刑に処された松陰の遺品を小田村が萩に持ち帰るシーンがある。しかし、『松菊木戸公伝』(木戸公伝記編纂所編)などの史料では、桂が伊藤利輔(後の博文)らとともに江戸の小伝馬町牢屋敷へ松陰の遺品を引き取りに行ったとされている。

「この時期、小田村は江戸に行っていません。小田村は周防三田尻(現・山口県防府市)の越氏塾に赴任していた。松陰の遺品を親友の桂が引き取るシーンはドラマの見せどころになりそうですが、なぜか小田村を登場させている。他にも松陰に関係するシーンで桂が登場せず、小田村に置き換えられているところがある」(前出の郷土史家)

 歴史ファンが「なぜ小田村が桂の功績を横取りするのか」と声を上げるのも当然だろう。

※週刊ポスト2015年6月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
来年の大河『花燃ゆ』ともリンクする歴史小説『池田屋乱刃』
NHK『花燃ゆ』 吉田松陰と桂小五郎が共演しない理由とは
大河『花燃ゆ』撮影をNHK会長も視察 政権に配慮との声も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP