体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Androidで強めのタッチを検出可能にするXposedモジュール「Force Touch Detector」が公開

root 化 済みの Android 端末で Apple の MacBook Pro(Retina 13 インチ Early 2015)に搭載されている感圧タッチ(Force Touch)トラックパッドのような “強めのタッチ” を検出可能にする Xposed モジュール「Force Touch Detector」が公開されました。Force Touch Detector は、タップ、ダブルタップ、ロングプレス、左右のフリック、上下のフリックの計 7 種類の “強め” のタッチアクションに対して特定の機能を割り当てるアプリです。普通の Android 端末ではタッチの強さは検出できませんが、今回の Xposed モジュールではそれが可能で、Force Touch のようなスタイルでスマートフォンを操作することができます。厳密にはタッチエリアの広さによって通常のタッチと区別しているだけなので、Apple の Force Touch 技術とは異なります。動画の例では、OnePlus One の上フリックに「Recents」を割り当てて、強めにフリックした場合にアプリ起動履歴が表示されることを紹介しています。Source : XDA DevelopersReddit


(juggly.cn)記事関連リンク
新型Google Glassは完成間近? Googleの求人情報が示唆
OnePlus Oneの定価が$50値下げされる、1TBのDropboxストレージ付き限定モデルも発売
Samsung、米AT&T向けに「Galaxy S6 Active」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会