ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ミナミアイドルフェスティバル6.7」にてさんみゅ〜等がパワフルなステージを披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大阪ミナミのなんばグランド花月下にある劇場「YES THEATER」にて次世代アイドルパビリオン「ミナミアイドルフェスティバル6.7」が行なわれた。

関西、西日本、東京の「次に来る!」アイドルが一堂に会したこのイベント。今回からは開場前、ライブ中に「ニコ生放送」も行ない、一日を通じて“楽しめる”アイドルイベントとなった。

スタートは「YES THEATER」に併設しているサテライトスタジオでニコ生放送が12時頃から開始。前半戦は「だいやぁもんど(鳥取)」「えびすばしプリンセス」「Purpure☆」「JUNNA」「葉月」「Sweet Candy」が出演。スタジオの前にも多くのファンが集まり、ライブ前からファンのテンションも上がり、ライブ前の前哨戦にはぴったりなプログラムだ。

そして、14時からライブがスタート。トップバッターの「だいやぁもんど(鳥取)」は華麗なダンスを、そして「えびすばしプリンセス」はとてもエネルギッシュなステージを披露した。「Purpure☆」は扇子がとても印象的で京都らしい和のテイストで会場を魅了し、アイドルユニットとしても活躍中の「JUNNA」はソロでもパワフルなパフォーマンスで会場を圧倒していた。また「葉月」はゴリゴリの熱いロックで存在感を見せつけた。サテライトスタジオ出演後のライブにも関わらず、どのアイドルも個性が光る熱いステージを繰り広げていた。

そんな熱いライブと並行してニコ生放送も15時頃から後半戦がスタート。「Chimo(大分)」「DDプリンセス」「GalaxyCat(広島)」「つぼみ」「ミライスカート」「ポンバシwktkメイツ」「さんみゅ~(東京)」が出演したこの放送だが、スタジオの前は前半と同様にたくさんの人だかりが! 関西アイドルに対する注目度の高さを感じた瞬間だ。

そして、ライブもいよいよ後半戦。「SweetCandy」は正に大阪らしい存在感のあるライブを展開。「Chimo(大分)」はとてもアグレッシブなライブを行なった。「DDプリンセス」は、10人編成で迫力のあるライブを披露、「一大告白タイム」から5曲のステージはとても迫力のあるものでした。純白、清純というキーワードがぴったりな「さんみゅ~(東京)」は正統派アイドルらしいニューシングル「はじまりのメロディー」でステージを盛り上げ、ネコ耳が可愛い「GalaxyCat(広島)」は、かわいいだけではない圧巻のステージを披露。さらに、よしもと発の“めっちゃおもろいアイドル”「つぼみ」。可愛らしい容姿はもちろん、ボケ突っ込みも素晴らしく、アイドルの枠を超えたエンターテイメント性を見せつける。さらに7月にメジャーデビューが決まった「ミライスカート」はデビューシングルの「COSMOsSPLASH」を披露し、存在感をアピール。なんばのお隣日本橋からは「ポンバシwktkメイツ」が登場。大阪のアイドル聖地のユニットらしく、会場を精いっぱい盛り上げた。最後に登場したのは「Lovelys!!!」。大トリらしい素晴らしいステージで会場全体が一つになるようなライブを行なった。

約6時間、出演総数14組で行なわれた関西から全国に発信していく次世代アイドルパビリオン「ミナミアイドルフェスティバル」。サテライトには前半後半合わせ400人近くの方々、そして会場には300人を超す観客があつまり、たくさんのアイドルと共にミナミの街を盛り上げた。次回の公演は7月5日(日)。出演者は随時オフィシャルfacebook、Twitterで発表していくとのことなので、続報に期待しよう。

■ミナミアイドルフェスティバル オフィシャルfacebook
https://www.facebook.com/mif.yes
■YES THEATER オフィシャルHP
http://yes-theater.com/

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
さんみゅ~、ミライスカート等が出演する「ミナミアイドルフェスティバル6.7」開催決定
“はんなりアイドルユニット”ことミライスカートが7月21日にメジャーデビュー

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP