ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

復活した新「ペヤング」を食べてみた! 味や見た目の変化は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「ペヤングソースやきそば」を食べてみた!
2014年12月に虫の混入が指摘され、製造・販売を休止していた、まるか食品の人気カップ焼きそば「ペヤングソースやきそば」が、関東1都6県で8日(月)より再発売されました。

前日の7日には、都内の一部店舗においてフライング販売もされ、「大人買い」をするペヤングファンも現れるなど、さっそく商品棚からなくなる事態も。

一時は、オークションサイトで箱入りのペヤングが2万円で取引され、通常の価格よりも高値となる「闇ペヤング」が出回ったりということもありました。

KAI-YOU編集部随一のペヤンガー(ペヤング好き)である筆者が、さっそく再発売されたペヤングを実食してみました! ……あれ、よく見てみると何かが変わってる……?

全国のペヤンガーよ! これが新しくなったペヤングだっ!

「ペヤング再発売!」のニュースにいても立ってもいられず、私はさっそく近所のお店を探すことに。

1軒目のスーパーでは、すでに売り切れてしまっていてあきらめかけていましたが、近くのコンビニに入るとまだたくさん積んであった!

ということで、ジャンクフードが大好きな編集部員のためにも何個か購入。「ペヤング買ってきたどー!

ウキウキ気分でペヤングを並べてみました。中途半端な数……。どうせだったらペヤングでピラミッドを建ててみようか画策しましたが、反感を買いそうなのでやめておきました。

お湯を注ぐ前にひとつポイントなのが、キャベツなどが入った「かやく」を麺の下に敷いてからお湯を注ぐこと!

そうすることで、お湯を捨てるときに誤ってかやくが流れ出てしまうことを防ぎます

そしてお湯を注ぐ! 約半年ぶりのその作業に心が踊ります……!

容器が変わった!

フタの上でソースを温めておくことは、割とみなさんもやっているかもしれませんね。あとはただ3分待つのみ!

あとから気付いたのですが、以前のようなプラスチックのフタはついておらず、かわりにフタの写真がプリントされたフィルム包装に。剥がすと紙の内蓋がついてます。

そして、容器はプラスチックから通常のカップ麺にみられるような発泡スチロール素材に。こうすることで、より安全性を高めているのかもしれませんね。

そして3分後……ソース、ふりかけ、青のりを投入したら、念願のペヤングが完成!

いざ実食!

絵面が少し汚いですが、実食してみます!

ングふっ!一気にかきこむとむせるので注意!

一人称視点での飯テロもどうぞ!

外装は少し変わりましたが、香ばしいソースと、ちょっと歯ごたえのある麺という中身はペヤングそのもの! そこには変わらぬおいしさがありました。

ジャンクフードの王様とも呼ぶべきペヤングを、久しぶりに食べられることができて大満足。

全国のペヤンガーのみなさん! 今日から胸を張って「ペヤング」を食べまくりましょう!

引用元

復活した新「ペヤング」を食べてみた! 味や見た目の変化は?

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP