ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

そんな意味だったの? 女性が勘違いしやすいセリフ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


男と女は、別の生き物。脳の構造が違うので、恋愛感が異なるのは当然です。同じ言葉を発しても、意味が全く違うということも。
今回は、女性が「そういう意味だったの?」と勘違いしやすいセリフを紹介します。

「モテるでしょ」

女性は、「○○くん、みんなにいい顔してるから……」と相手を牽制する場合が多いですが、男性は競争市場の確認をしています。
ルックスがいいだけなら、「かわいいね」と言うはず。「モテるよね」と男性が言うときは、ほかの男からアプローチされていないか、自分が入る余地があるのか計算しています。

意味もなく言う「結婚したいなぁ」

女性は、「結婚したい=早くプロポーズ」という意味を含んでいます。しかし男性は、この言葉を自分の誠実さを演出するために使います
とくに根拠もなくこの言葉を使ったときは、真面目さをアピールされているんだと察してください。「彼も結婚したいんだ!」という勘違いは危険ですよ。
男女で違う意味をもつことを知っておけば、相手からのアプローチを逃したり、勘違いして距離を詰め過ぎることはありません。上手に相手との会話をコントロールできたらベストですね。
woman sitting image via Shutterstock
(たえなかすず)


(グリッティ)記事関連リンク
待っても意味なし……彼氏いない歴を更新し続ける女性の盲点
「口説きにくい」と思われて、恋のチャンスを潰している行動って?
男性に「誘ってみようかな」と思わせる、隙の作りかた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP