ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

チャンスをモノにできる人に特有の考え方

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
チャンスをモノにできる人に特有の考え方

 「チャンスの神様には前髪しかない」という有名な言葉があるように、私たちは目の前にあるチャンスに気づけず、みすみす逃してしまいがちです。夢や目標をかなえるためには、実力だけでなく「巡ってきたチャンスをつかむ」ことも必要なのですが、なかなかうまくいきませんよね。

 では、「夢をかなえた人」や「成功者」はどのようにチャンスをつかんだのでしょうか?
 『チャンスの神様と出会う方法』(現代書林/刊)では、おちこぼれ高校生から年商33億円企業の経営者にまで登り詰めた著者が、自身の経験からチャンスを見つけ、つかむためにすべきことを明かしています。
 今回は著者の村川智博さんにインタビュー、チャンスに気づき、つかめる人とそうでない人の違いを教えていただきました。その後編をお送りします。

――「正しく悩む」の項目も印象的ですが、「間違った悩み方」とはどのような悩み方ですか?

村川:一言でいえば「答えを見つけようとしない悩み方」です。悩むことを目的にして悩むような悩み方は間違っていると思いますね。

――チャンスを逃している人ほど「自分にはチャンスが巡ってこない」と思いこんでいるものです。こういった人にアドバイスをするとしたらどんなことを言いたいですか。

村川:先程も述べましたが、まずはチャンスに気付く感性を磨くことが大事。そのためにはまず、夢や目的をつくることが第一歩です。
夢や目的のない人はチャンスに気付きにくい。まずは夢や目的を持つことで、チャンスと出会うことに近づける。出会うきっかけの「きっかけ」になります。

――村川さんが考え方や行動に影響をうけた人や本がありましたら教えていただければと思います。

村川:一つ挙げるなら、本のあとがきをかいていただいた西田文郎氏の『NO.1理論』だと思います。

――最後になりますが、読者の方々にメッセージをいただければと思います。

村川:実は、チャンスの神様はあなた自身です。自分がチャンスの神様になる為に、是非この本の中で紹介する30の方法を身に付けていただければと思います。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
チャンスを逃さないためにすべきこと
成功者が必ずやっている「苦手な人」克服法とは?
働く男性に聞いた“理想のチョコの渡され方”

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。