ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イタリアの街中に巨大ツリーハウスが登場。機能面でもメリットが!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

家を探すときに、近くに緑のある場所があるかどうかって大事だったりします。中にはマンションの敷地の中に公園が配置されているようなところもありますが、ここで紹介するのは、イタリアはトリノの街角にある、まるで森のような建物。

25 green」は自然が近くにあるのではなく、木々と一体化している住まいなんです。

建物の全体には合計200本ほどの木々が植えられています。一部に集中しているのではなく、全体の至る所に植えられているため、通りには木陰があったりとまるで公園を歩いているかのような空間に。

木々に囲まれることによって生まれるメリットは数多くあります。周囲の空気や騒音をフィルタリングしたり、夏の日差しを遮って建物全体を涼しく保つ効果も。もちろん、冬は葉が落ちるため、温かい日差しを取り入れることもできます。

デザインを行ったのはトリノの建築デザイナーLuciano Pia氏。トリノの街は二酸化炭素排出量も多い場所。そんな大都市の街角ではありますが、この建物があることによって四季を感じることも出来そうですよね。通りを歩く人々の意識にも変化がありそうです。

その外観はまるで都市型の巨大ツリーハウス。都会にいながら、自然の中に暮らしているかのような気分を味わうには最高の建物かもしれません。

Licensed material used with permission by Luciano Pia

関連記事リンク(外部サイト)

【24時間以内に10軒】3Dプリンターで作る「家」が、中国に登場!
「寿命が最大8倍」になる電池カバー登場!かぶせるだけでOK
「空気と水」をディーゼル燃料に変える技術が登場!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。