ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本初のペットボトルには何が入っていた?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


コンビニなどでジュースを買う際、ペットボトルのものを買う人も多いと思う。1977年に日本で初めて登場したペットボトルだが、みなさんは当時、この初登場のペットボトルに入れられて売られていたものは何か、ご存知だろうか?
2013年2月3日の朝日新聞東京地方版によると、ジュースなどの清涼飲料水ではなく、醤油とのこと。

日本国内でペットボトルが初めて使われたのは、1977年のしょうゆ容器。82年に清涼飲料水、85年には酒にも使われ出した。1リットル未満は作らないという自主規制が96年に解除され、小型が普及し始めた。
当初、ペットボトルは不燃ごみとして扱われ、容器メーカーや飲料メーカーが出し合ったお金を、日本容器包装リサイクル協会(容リ協)が処理業者に渡して引き取ってもらっていた。
一方でリサイクルの技術も向上した。93年には飲料、酒類、しょうゆメーカーがペットボトルリサイクル推進協議会を設立。社会問題化していたペットゴミの増大に対処するため、大規模な再商品化施設を各地に建設した。06年前後に原油価格が高騰、再生コストも下がると、廃ペットは有償で売れるようになった。

参考:2013.02.03「朝日新聞東京地方版」

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】【大阪「珍」スポット】阪神なんば線・近鉄 大阪難波駅「カットりんご」自動販売機
世界初の自動販売機で売られていた飲み物とは?
アキバにもある「丸福珈琲店」がより美味しくなる話

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。